青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing

青幻舎

  1. instagram
  2. twitter
  1. JP
  2. EN

印籠カメラ寫眞帖 植田正治 Pocket Camera Photo Book  Shoji Ueda

著者:
植田正治
定価:
3,080円(本体2,800円)※在庫切れ
デザイン:
伊勢功治
判型:
B5変
総頁:
132頁
製本:
並製
ISBN:
978-4-86152-332-8 C0072

Moments gently frozen in time…
2013 is the centennial of the birth of the late, great Shoji Ueda. To mark the occasion, Seigensha has released a collection of rarely shown, late-period color photographs that exemplify the Ueda Style.
Here are the unremarkable everyday scenes that were witnessed by this legendary photographer in his later years, as he continued to take pictures of the world around him.

---------------

優しく時を止める写真たち
最晩年の「植田調」秘蔵カラー作品。
2013年、生誕100周年を迎える植田正治。知られざる最晩年の作品を紹介。
雑誌『アサヒカメラ』に95年から97年まで連載され好評を博した
写真エッセイ「印籠カメラ寫眞帖」の全作品(36点)に加え、
同時代の秘蔵カラー写真をまとめて収録。
そこには入院中の身となっても日々写真を撮り続けた植田正治が
晩年にみた日常のさりげない景色が広がります。

 

アートディレクション:伊勢功治

 

プロフィール
植田正治(うえだ・しょうじ)1913-2000
鳥取県境港市生まれ。
終生故郷を離れることなく「永遠のアマチュア精神」を貫いた写真家。
砂丘での演出写真は「UEDA-CHO(植田調)」と呼ばれ、世界的に高い評価を得る。
1996年、フランスより芸術文化勲章を授与。
鳥取県西伯郡伯耆町に植田正治写真美術館がある。

[写真] カテゴリの書籍

  1. instagram
  2. twitter