青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing

青幻舎

  1. instagram
  2. twitter
  1. JP
  2. EN

明治のこころ—モースが見た庶民のくらし Soul of Meiji Edward Sylvester Morse: His Day by Day with Kindhearted People

著者:
小林淳一, 小山周子
定価:
2,409円(本体2,190円)※在庫切れ
判型:
B5
総頁:
224頁
製本:
並製
ISBN:
978-4-86152-409-7 C0021

豊かさより、便利さより、大切なものがあった

明治初期、大森貝塚を発見したモースは日本人のくらしぶり、心根に感動し、膨大な数の日常道具、ガラス原版写真など収集しました。本書は、全米最古の博物館ピーボディ博物館のモース・コレクションから厳選した600点余により、現代の私たちに「日本人の心」を伝えるものです。

展覧会情報
2013年9月14日--12月8日
江戸東京博物館にて同タイトル展開催

著者略歴
米国人・エドワード・モース(1838-1925)は、1877年、近代国家を目指す明治政府の「お雇い外国人」として来日。東京大学初代動物学教授に就任。近代考古学発祥の地「大森貝塚」を発見したことで知られる。3回通算約4年間に渡り日本に滞在中、日本の人々の暮らしを見つめ続け、日用品、陶器、道具類を膨大な数の資料を収集。スケッチ、取材日記など貴重な資料を残した。

---------------

Once there was something more important than abundance and convenience…
Here is the “soul of Japan” that we today have been on the verge of forgetting.
Edward Sylvester Morse, who discovered the Omori shell mound in the early years of the Meiji Period (1868-1912), was moved by the lifestyle and temperament of the Japanese people, and he assembled a vast collection of everyday utensils, original glass plate photographs and other articles from Japan.
Featuring over 600 painstakingly selected items from the Edward Sylvester Morse Collection at Peabody Essex Museum (America’s oldest museum), this book is an attempt at transmitting that “Japanese soul” to the people of today.

[趣味・実用・ガイド] カテゴリの書籍

  1. instagram
  2. twitter