青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing

青幻舎

  1. instagram
  2. twitter
  1. JP
  2. EN

秘宝館

定価:
2,530円(本体2,300円)
著者:
都築響一
アートディレクション:
軸原ヨウスケ(COCHAE)
デザイン:
菅野沙耶(COCHAE)
翻訳者:
Andreas Stuhlmann
言語:
日英併記
判型:
A6
総頁:
448頁
製本:
並製
ISBN:
978-4-86152-924-5 C0072

都築響一が、忘れ去られた日本の文化遺産の魅力を問う!
400ページ超えの大ボリューム
2冊同時刊行!

神は局部に宿る!

空前の観光ブームのなか1970年代~観光地に誕生したオトナの娯楽施設「秘宝館」
斬新奇抜な創造力が溢れる、それぞれの館の演出は現代においても新鮮に映る
昭和という時代が生んだ性のアミューズメントパークは、アート空間のようだ
秘宝館のその後を追った、2023年に取材した写真、原稿も掲載。

-------------------------------------------------------------------------

本書に登場する秘宝館のほとんどはもう存在しないし、たぶんここでしか写真すら見られない秘宝館もある。子どもがオトナになるくらいの、ほんの少し前に、日本人がこんなにヘンな場所をつくって、それが裏観光名所として賑わっていた時代があったこと。それを恥ずかしく思うか、楽しく思うかで、僕らの国を見る眼差しはずいぶん変わってくるはずだ。

——都築響一

 

都築響一(つづき・きょういち)
1956年東京生まれ。1976年から1986年まで「POPEYE」「BRUTUS」誌で現代美術・デザイン・都市生活などの記事を担当する。1989年から1992年にかけて、1980年代の世界現代美術の動向を包括的に網羅した全102巻の現代美術全集『アートランダム』を刊行。以来、現代美術・建築・写真・デザインなどの分野で執筆活動、書籍編集を続けている。1993年、東京人のリアルな暮らしを捉えた『TOKYO STYLE』を刊行。1997年、『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』で第23回木村伊兵衛写真賞を受賞。現在も日本および世界のロードサイドを巡る取材を続けている。

[秘宝館]の関連情報

関連書籍

[写真] カテゴリの書籍

新刊

Mikiya Takimoto Works 1998-2023

NewMikiya Takimoto Works 1998-2023
瀧本幹也

新刊

MAGNUM MAGNUM 増補改訂版

NewMAGNUM MAGNUM 増補改訂版

新刊

惑星 新装改訂版

惑星 新装改訂版
山内悠

新刊

ソール・ライター Saul Leiter The Centennial Retrospective

ソール・ライター Saul Leiter The Centennial Retrospective
ソール・ライター
マーギット・アーブ
マイケル・パリーロ
  1. instagram
  2. twitter