Amazon.co.jp ウィジェット
ビジュアル文庫

文様別 そば猪口図鑑

蕎麦猪口の絵模様1000余種、文様別に集大成。

本書は、文様や技法、形状、銘などの解説を軸に、写真資料とあわせて、1000余に及ぶ蕎麦猪口の魅力を楽しめる一書です。
蕎麦猪口の姿や文様は、時代の嗜好を反映したものです。
やきものが作られた製作年代の表記や、「植物」「動物」「人物・器物・建造物」「自然」「器物・幾何・様式」の5つの構成は、作品の美しさはもちろん、背後にある歴史的な雰囲気をつたえ、鑑賞を深めます。
はじめて鑑賞する人から、愛好家の方まで、実用、鑑賞、ともに楽しめる蕎麦猪口事典です。

■ 有田、波佐見、鍋島、柿右衛門などの古伊万里を中心に、
  瀬戸、美濃、砥部、出石、会津本郷なども網羅。
■ 製作年代表記。釉薬や技法、産地、底の特徴などの作品データも記載。

監修・執筆 大橋康二
編集 飯田義之

文様別 そば猪口図鑑

□ 判型:A6判
□ 総頁:312頁
□ 並製
□ ISBN 978-4-86152-300-7 C2072

定価:1,500円+消費税
在庫切れです。
アマゾンで購入する

書 評

茨城新聞 ―2011/5/23掲載

肥前陶磁史の第一人者の大橋康二氏が監修と執筆。 植物、動物、人物、自然などに大別した文様を100項目に分類して解説し、 そば猪口のたどっためまぐるしい様式の変遷や、 その背後にある時代の嗜好も知ることができる一書。

(高畠和弘氏 掲載記事より抜粋)

↑TOPへ戻る