青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing

青幻舎

  1. instagram
  2. twitter
  1. JP
  2. EN

新刊

春はまた巡るデイヴィッド・ホックニー 芸術と人生とこれからを語る

著者:
デイヴィッド・ホックニー/マーティン・ゲイフォード
定価:
3,850円(本体3,500円)
翻訳者:
藤村奈緒美
判型:
B5変
総頁:
280頁
製本:
上製
ISBN:
978-4-86152-869-9 C0070

デイヴィッド・ホックニー×マーティン・ゲイフォード
ロングセラー『絵画の歴史』コンビによる
コロナ禍、ノルマンディーからの最新エッセイ!

「今回のことはそのうち終わるでしょうが、その先は?
私たちは何を学んだでしょう?
人生で本物なのは、順に挙げると、食べ物と愛、それだけです
芸術の源は愛なのです。私は人生を愛しています」
―デイヴィッド・ホックニー


80歳になったホックニーは、大都会から離れ、人生で初めて自然ゆたかな地(フランス北部のノルマンディー地方)にアトリエを構えました。この晩年の選択に、100年に1度のパンデミックという「奇妙な時間」が重なり、孤独と静寂な自然のなかで過ごしたホックニーは、自然に満ちた暮らしの中で、聖書から哲学、文学、音楽をはじめ、古今東西の芸術の先人たちへ想いを深めていきました。

本書は、ホックニーがその思索の折々を長年の友人であり美術評論家でもあるゲイフォードに宛てて発信した手紙やSNSのやりとりと、関連図版を収録したものです。テキストの端々には、一刻も早く伝えたくてワクワクしている様子や自問自答の淵にはまっている様子などホックニーの生き生きとした姿があらわれています。

ホックニーの感性の発露と深い思索、そして飽くことのない探究心に、読者は伴走するというエキサイティングな体験を通じて、「人はどのように生きるか」という永遠のテーマを投げかけられます。


〈目次より〉
1 思いがけない動き
2 アトリエの仕事
3 ラ・ヴィ・フランセーズーボヘミアン風フランス生活
4 線と時
5 楽しいクリスマスと予期せぬ新年
6 天国でのロックダウン生活
7 芸術家のための家と画家の庭
8 空、空!
9 豪華な黒と、より繊細な緑
10 いくつかの小さな水しぶき
11 万物は流転する
12 さざ波のような線と音楽的な空間
13 翻訳で失われる(そして得られる)もの
14 ピカソとプルーストと絵画
15 どこかにいるということ
16 ノルマンディーの満月

 

デイヴィッド・ホックニー
評論家から高い評価を受け、世界中で高い人気を誇る美術界の第一人者。これまで絵画、素描、舞台装飾、写真、版画などありとあらゆるメディアを駆使して作品を制作し、それぞれの領域を拡大してきた。著書にベストセラー『秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明』(青幻舎刊)がある。

マーティン・ゲイフォード
スペクテイター誌に美術評論を寄稿するかたわら、ゴッホ、コンスタブル、ミケランジェロを主題とする著書で高い評価を得ている。

[デイヴィッド・ホックニー/マーティン・ゲイフォード] カテゴリの書籍

はじめての絵画の歴史<br /> ―「見る」「描く」「撮る」のひみつ―

はじめての絵画の歴史
―「見る」「描く」「撮る」のひみつ―
デイヴィッド・ホックニー、マーティン・ゲイフォード

絵画の歴史 洞窟壁画からiPadまで <増補普及版>

絵画の歴史 洞窟壁画からiPadまで <増補普及版>
デイヴィッド・ホックニー/マーティン・ゲイフォード

[アート] カテゴリの書籍

ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS IV 植物図鑑

ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS IV 植物図鑑
東 信

絵画の歴史 洞窟壁画からiPadまで

絵画の歴史 洞窟壁画からiPadまで
デイヴィッド・ホックニー マーティン・ゲイフォード

WORKS OF TATSUMI ORIMOTO<br />折元立身の仕事

WORKS OF TATSUMI ORIMOTO
折元立身の仕事
折元立身

印象派、記憶への旅

印象派、記憶への旅
ポーラ美術館、ひろしま美術館
  1. instagram
  2. twitter