Amazon.co.jp ウィジェット
写真(国内・海外)

あめつち 川内倫子

Ametsuchi  Rinko Kawauchi

Kawauchi’s latest book, a dazzling composition of photographs of controlled field burnings in Aso in Japan’s Kumamoto Prefecture, where she “first had the impression of standing on a star”, as well as images of yokagura night dance ceremonies, the Wailing Wall in Jerusalem and more.
Having shifted from her hallmark Rolleiflex 6×6 square format to a 4×5 medium, Kawauchi is achieving an unprecedented sense of scale.
An ambitious new series or works that attempt to be firmly rooted to and engaged with this Earth we inhabit, and to convey a unique vision of our world.

* See the Aperture publication Ametsuchi

—————

わたしたちはたしかになにかを共有していて、同じ時間を生きている。

2012年、東京都写真美術館にて開催された個展「照度 あめつち 影を見る」に出品された新作《あめつち》。展示された作品は一部でしたが、その内側から輝くような力強さと圧倒的な存在感は、見る者の心に強い印象を残しました。
本作では、川内作品を特徴づけていたローライフレックスによる6×6の正方形の画面から、撮影までに作業時間を必要とする4×5へと、被写体に敬意を払いとらえるために、あえてそのメディアを変更。阿蘇の野焼き、プラネタリウム、夜神楽、自宅から見上げた空、そして嘆きの壁と、わたしたちみなの住むこの地球にしっかりと根を張り、向き合って、世界をとらえようとする意欲作です。

きょう自宅の窓から見る夕焼けはきのう見たそれと似て非なる。毎日がきのうと違う新しい日々の連続であるという事実。遠い異国で祈る人たちと東京で夕焼けを眺めながら一日の終わりに感謝する自分となんのつながりもないなどとなぜ言えるのだろう?わたしたちは、同じ恵みを共有しながら、いくつもの困難な壁を乗り越えなければならない仲間だ。それぞれの人生の軌跡が直接交わることはなかったとしても、いま同じ地上に存在するわたしたちはたしかになにかを共有していて、同じ時間を生きている。

2013年1月
川内倫子

※本書はAperture(米)と青幻舎の国際共同出版であり、日本語版を青幻舎が刊行します。なお、2012年に東京都写真美術館で開催された個展と同時に発売した『照度 あめつち 影を見る』に掲載された《あめつち》はシリーズの一部であり、本書はその完全版です。

デザイン:Hans Gremmen

Ametsuchi
Rinko Kawauchi

*Asia orders only

□ format : 345×240×15mm
□ binding : Hardcover
□ page : 160 pages(color)

Special online price:
5,800 yen (JPY)
Price with shipping included as follows:

Order Information
http://www.seigensha.com/order_overseas

*Payment may be made by Mastercard, Visa, American Express and JCB.

---------------

あめつち 川内倫子

□ 判型:B4変形
□ 総頁:160頁
□ 上製(本体布張り+ポスターカバー)
□ 和英併記
□ ISBN 978-4-86152-386-1 C0072

定価:5,800円+消費税
アマゾンで購入する

書 評

川内倫子写真集「あめつち」
―日経新聞6月12日掲載

世界の陰と陽に迫る

 日常の風景を繊細に写し取りながらそこに死の気配をそっと忍ばせるような作品を 世に問うてきた川内さん。今月下旬刊行の写真集「あめつち」(青幻舎)では阿蘇の 野焼きをテーマに選んだ。

 2008年に阿蘇の野焼きを初めて見たのは美しい衝撃だった。自然のように見える草 原は、実は人間が草を燃やすという営みによってできた一種の人工物であり、それが 1300年にもわたって続けられてきたという驚き。阿蘇という場所の歴史、野焼きの意 味、そして火の視覚的イメージが私の中でケミストリー(化学反応)を起こして今回 の作品集はできあがった。

 野焼きの火は両義的なものだ。全てを燃やし尽くし、そこから新しい命を芽吹かせ る。陰と陽という相反するものが一つになり、円を成して循環する。そんな世界の成 り立ちを考えながら、5年という長い時間をかけて作品を作っていった。これまでと は違う大きいサイズのカメラを使うなど新しいスタイルで撮影したが、追究するテー マは変わっていない。私たちが生きている世界がどういう場所であるのかを自問し、 見てくれる人にも問いかける作品を作りたかった。

 パッチワークをするようにいくつもの土地のイメージをつなぐことで初めて見えて くるものがある。言葉で説明はできないが、この世界は潜在的につながっていて、そ こで人間は何かを共有しながた生きていると私は感じている。

(聞き手は文化部 干場達矢)

川内倫子写真集「あめつち」
―IMA 5月号vol.4掲載

4×5カメラで阿蘇の野焼きを撮影した写真を中心に、プラネタリウムの夜空やイスラ エルの嘆きの壁、夜神楽などのモチーフをちりばめながら構成。天と地を意味する 「あめつち」のごとく、写真集では野焼きの写真の裏面にネガのイメージが印刷され ているという、写真集自体が作家の考えを表したコンセプチャルな一冊。

↑TOPへ戻る