Amazon.co.jp ウィジェット
写真(国内・海外)

WILDER MANN (ワイルドマン)
―欧州の獣人 仮装する原始の名残

“野生”をまとい、生命を祝う男たち

ヨーロッパ諸国で何世紀も昔から伝わる祭り。そこに登場する獣人たち。
彼らは、さまざまな衣装を身にまとい、生命の輪廻や季節のめぐりを祝う。
動物の毛皮や植物でできた装束、鈴や骨で飾られた姿。
それらの驚くべき多様性と奇怪な美しさをおさめた写真集。
欧州19か国を取材したプロジェクト。約160点を収録。

著者:シャルル・フレジェ
寄稿:「ワイルドマンとヨーロッパにおける仮面の伝統」ほか
解説:「仮装とその種類の解説」

WILDER MANN (ワイルドマン)
―欧州の獣人 仮装する原始の名残

□ 判型:B5変(170×222㎜)
□ 総頁:272頁
□ 上製
□ ISBN 978-4-86152-405-9 C0072

本書はKehrer 社(独)
との国際共同出版として刊行
<完全日本語版>

定価:3,800円+消費税
アマゾンで購入する

書 評

ワイルドマン―装苑4月号掲載

 本書は、主にヨーロッパにおける仮装文化を2年かけて取材した力作である。タイトルの「ワイルドマン」とは、ヨーロッパ全土で現在も行われている伝統的な祝祭や儀式に登場する「仮装した」存在をさす。それらは人間をなぞったものをはじめ、動物の仮面をつけたもの、樹木や自然の造形に似せたもの等々、それぞれの役割を担って仮の姿を演じているのだ。写真家のシャルル・フレジェは、振付師、グラフィック・デザイナー、映画監督らの作品から多大なる影響を受け、また人類学者や民俗学者との親交を温めながら、いくつかのプロジェクトを同時進行しているのだという。その成果について、「現在わずかながら残されている伝統文化と私自身に、強く、深い繋がりを感じます。たとえば、ある限界を超えると、人は自らの野生性を取り戻し、より自由になれるということを実感できます」と語る。加えて、「一度自分の本性を知れば、もう仮面など必要ありません。ちなみに私は〈熊〉ですから」と答えたくれた。

ワイルドマン―IMA2014年春号掲載

 ヨーロッパ全土で行われている伝統的な祝祭の儀式に、獣人、熊、ヤギ、あるいは悪魔に扮して登場する男性たち。フレジェはヨーロッパ19か国を巡って、奇抜でユーモア満点の「ワイルドマン」たちを写真に収めた。過剰すぎるほどの愛嬌と造形に、世界共通の人間の可笑しみを感じて眼が離せない。

WILDER MANN (ワイルドマン)― 読売新聞2月23日掲載

評・安藤桃子(映画監督)

 巨大なモップ!? 全身長い毛で覆われ、頭が1メートル以上はありそうな、顔の ない物体がまず目に入るこの一冊、一体何の本!? ページを開けば、キテレツなビ ジュアルとは裏腹に、冒頭にある現代社会に対する反骨精神ムキ出しの文章が、良い 意味で予想を裏切ってくれる。

 ……ビジュアルだけでも度肝を抜かれるが、最後に記載された解説は、まるで流行 ゲームに登場するモンスター分析のようで、気づけば童心に返り興奮してしまう。子 供の頃に絵本や映画で見たモンスターたちにこよなく近い彼らの姿には親近感を覚 え、モードにさえ見えてくる。実際、著名なデザイナー達も世界各国の民族衣装や部 族の姿を参考に、ファッションの歴史を塗り替えてきた。

 もう一つ、奇妙な事に気が付いた。精霊や神の姿を求め人が仮装した姿は、時代や 国籍に関係なく共通しているのだ。通信手段もない時代に生まれた点が、時空を超え て線で繋がる。この写真集は人類のDNAに組み込まれている、〝なにかの姿〟を開示 しているのだろうか。

 人は進歩を求め、人工的に世界を変えようとするほどに、実は原点回帰に向かい、 進めば進むほどに戻って行く。全てはパーフェクトサークル、完全なる輪の元に成り 立っているのかも知れない。

 ワイルドマン達は現世に対する異議を訴え、自然と人とが調和して生きる、新しい 時代が到来する事を願っているように見えて仕方がない。

WILDER MANN (ワイルドマン)― 毎日新聞2月16日掲載

 ヤギの毛皮を全身にまとった怪しげな姿に目を奪われる『WILDER MANN――欧州の 獣人――仮装する原始の名残』(シャルル・フレジェ著・青幻舎・3990円)。ヨー ロッパ各地の伝統的な祝祭の儀式に登場する、日本の「なまはげ」のような数々の〝 ワイルドマン〟が収められている。

WILDER MANN (ワイルドマン)― 共同通信社経由で全国地方紙に配信中

 熊やヤギなどの鳥獣に仮装して、村の祭りや儀式に登場する西洋各地の伝統的風習 が、いまネットを通じて広まっているという。〈ワイルドマン〉と呼ばれ、東北のナ マハゲのようなものだが、遊びの要素が加わり多種多彩な仮装ぶりだ。十九カ国百六 十種の獣人たちの写真集。写真はルーマニアの熊の仮装。心の中の野生や原始の表現 が「新しい」ということか。

WILDER MANN (ワイルドマン)― HITSPAPER 掲載

掲載ページはこちら
http://antenna7.com/artdesign/2014/01/wildermann.html

↑TOPへ戻る