青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing

青幻舎

  1. instagram
  2. twitter
  1. JP
  2. EN

大江戸カルチャーブックス 第四巻
江戸の遊戯 ―貝合せ・かるた・すごろく―

著者:
並木誠士
定価:
1,980円(本体1,800円)※在庫切れ
判型:
B5判
総頁:
112頁
ISBN:
978-4-86152-116-4 C0371

よく遊び、よく学べ!
江戸の遊びの豊かなヴァリエーション

並木誠士著
庶民のパワーが勢いを増す江戸時代。
貴族社会より大衆化し、庶民層のなかに浸透した遊戯は、
娯楽であると同時に人生の教訓ともなった。
婚礼調度として重用された「貝合わせ」
南蛮の影響を受け豊かに発達した「かるた」に「すごろく」。
歴史的展開や遊び方など、貴重な資料から紐解く江戸の豊穣。

<目次>貝合わせと貝覆い/貝合わせと婚礼調度/かるたの多様化/
    南蛮かるたと日本のかるた/絵双六の成立と発展ほか

[アート] カテゴリの書籍

  1. instagram
  2. twitter