新刊案内

ENDANGERED
絶滅の危機にさらされた生き物たち

彼らの眼差しに、息を呑む。

地球最後のキタシロサイ、棲家を追われるホッキョクグマ…世界各地を飛び回り、絶滅の危機に瀕した野生動物の姿を写真におさめるティム・フラック、日本初となる待望の最新写真集。野生生物の躍動とともに静謐な内面性をも感じさせる唯一無二の作品は、見る者の心に強く訴えかける。本書は写真家と生物保全の世界的権威ジョナサン・ベイリー、サム・ウェルズがタッグを組み、絶滅危惧種の真実と保全の重要性を全世界に発信する一大プロジェクトである。

*世界7か国同時刊行

 

ティム・フラック( Tim Flach ) 写真
ロンドン在住の写真家。英国王立写真協会名誉会員。肖像写真のような独特の様式の動物写真で注目を集める。
作品集に『Equus』、『Dogs Gods』、『More than Human』(いずれも日本未刊行)。


ジョナサン・ベイリー( Jonathan Baillie )
米国ナショナルジオグラフィック協会主任研究員で、絶滅危惧種の保全の世界的権威。
絶滅のおそれのある生物種のレッドリストの編集者であり、世界各地の保全活動に関わっている。


サム・ウェルズ( Sam Welles )
環境保護に情熱を抱くサイエンスライター。映画製作にもかかわる。

スペース

ENDANGERED 絶滅の危機にさらされた生き物たち

写真:ティム・フラック
文:ジョナサン・ベイリー
  サム・ウェルズ

□ 判型:B5変
□ 判型:336頁
□ 製本:上製
□ 定価:4,200円+税
□ISBN 978-4-86152-640-4

Amazonでご予約 

□2017年11月上旬刊行予定

2018 WILDER MANN カレンダー(ワイルドマン)

野人! ?怪物! ?悪魔! ?精霊! ?
人気写真集『WILDER MANN』が卓上カレンダーで登場。

 

“野生”をまとい、生命を祝う男たち。ヨーロッパ諸国で何世紀も昔から伝わる祭りに登場する獣人たち。彼らは、さまざまな衣装を身にまとい、生命の輪廻や季節のめぐりを祝う。

 掲載作品は『WILDER MANN 欧州の獣人―仮装する原始の名残』(2013年、青幻舎)より抜粋し、未公開作品1点(9月)を加えた。

 

 

シャルル・フレジェ

フランス・ルーアンを拠点とする写真家。世界中のさまざまなコミュニティに属する個性的な人々のポートレイトを撮影し続けている。主な著書に『WILDER MANN 欧州の獣人 ― 仮装する原始の名残』、『YOKAI NO SHIMA 日本の祝祭 ― 万物に宿る神々の仮装』(ともに青幻舎)等。

 

 

関連書籍

『WILDER MANN 欧州の獣人 ― 仮装する原始の名残』

『YOKAI NO SHIMA 日本の祝祭 ― 万物に宿る神々の仮装』

スペース

2018 WILDER MANN カレンダー

著者:シャルル・フレジェ

□ 判型:120x200mm
□ 仕様:卓上型 14頁
□ 定価:1,200円+税
□ISBN 978-4-86152-647-3

Amazonでご予約 

□2017年10月中旬刊行予定

ツペラパラパラvol.1 うーん、うん
ツペラパラパラvol.2 こーい、こい

パラパラシリーズに、tupera tuperaが登場!

パラパラめくるとキャラクターが動きだす、大人も子供も楽しめる、
新感覚絵本!

 

tupera tupera(ツペラ ツペラ)

亀山達矢と中川敦子によるユニット。絵本やイラストをはじめ、工作、ワークショップ、舞台美術、空間デザイン、アニメーション、雑貨など、様々な分野で幅広く活動している。絵本に『かおノート』『やさいさん』『うんこしりとり』『パンダ銭湯』『しろくまのパンツ』など多数。海外でも様々な国で翻訳出版されている。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当。

展覧会情報

『ぼくとわたしとみんなのtupera tupera 絵本の世界展』

2017年9月9日~11月5日 横須賀美術館

 



スペース

ツペラパラパラ

□ 判型:75mm×140mm

□ 総頁:216頁
□ 予価:1,200円+税
□ISBN
vol.1 978-4-86152-634-3 C0076
vol.2 978-4-86152-635-0 C0076

Amazonでご予約 

□2017年11月中旬刊行予定

麻田浩 静謐なる楽園の廃墟

“予言の絵画”に震撼する

 

世紀末の1900年代後半、退廃的な終末世界を描き日本・フランス・ドイツ・ベルギーで一世を風靡した麻田浩。自ら命を絶ってから20年、混沌極まる今日、再評価の機運が高まっています。初作品集。

 

 

展覧会情報

『没後20年 麻田浩展 ―静謐なる楽園の廃墟―』展 
練馬区立美術館 2017年9月28日-11月29日

スペース

麻田浩 静謐なる楽園の廃墟

監修:練馬区立美術館

□ 判型:A4変
□ 総頁:224頁
□ 製本:並製
□ 予価:3,000円+税
□ISBN 978-4-86152-638-1 C0071

Amazonでご予約 

□2017年10月下旬刊行予定

ゴッホ 巡りゆく日本の夢  Gogh and Japan
日本語版/英語版

ゴッホの人生と芸術を支えたのは、“浮世絵の幸福感”だった

オランダ・ゴッホ美術館と日本研究者による6年の歳月をかけた共同研究。
世界共同出版!日英同時刊行!

 

新研究の成果と200点余点の豊富な図版・資料により、ゴッホ作品と浮世絵の対比を駆使しながら、表現から精神性まで日本との親和性を検証した待望の決定版。専門領域を豊富な図解で明快に解説。

 

 

展覧会情報

『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』

北海道立近代美術館:2017年8月26日(土)-10月15日(日)
東京都美術館:2017年10月24日(火)-2018年1月8日(月・祝)
京都国立近代美術館:2018年1月20日(土)-3月4日(日)

 

スペース

ゴッホ 巡りゆく日本の夢 日本語版/英語版

 監修:圀府寺司

□ 判型:A4変
□ 総頁:296頁
□ 製本:上製
□ 予価:9,000円+税(日本語版)
    12,000円+税(英語版)
□ISBN
978-4-86152-624-4 C0071(日本語版)
978-4-86152-625-4 C0071(英語版)

日本語版
Amazonでご予約
 
英語版
Amazonでご予約
 

□2017年10月中旬刊行予定

島と星座とガラパゴス
ヨコハマトリエンナーレ2017 公式図録

図録もアート!

今年の【ヨコトリ図録】は一味違います!

 

2001年にスタートし6回目を迎えるヨコハマトリエンナーレ。

タイトルの「島」「星座」「ガラパゴス」は、接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性などを指すキーワードです。

今回のトレエンナーレでは、「接続」や「孤立」をテーマに、相反する価値観が複雑に絡み合う世界について考えます。

 

参加アーティストは合計38組アーティスト+1プロジェクト。

アイ・ウェイウェイ、青山悟、イアン・チェン、小沢剛、川久保ジョイ、木下晋、ザオザオ、ジョコ・アヴィアント、畠山直哉、マウリツィオ・カテラン、ミスター他。

 

「図録にも変化を‼」という主催者の要望により、青幻舎が初参加。
ご期待ください。

 

 

展覧会情報

ヨコハマトリエンナーレ2017 2017年8月4日(金)〜11月5日(日)

 

スペース

島と星座とガラパゴス ヨコハマトリエンナーレ2017 公式図録

 

□ 判型:B5変
□ 総頁:160頁
□ 製本:並製
□ 2ヶ国語併記
□ 予価:2,200円+税
□ISBN 978-4-86152-626-8 C0070

Amazonでご予約 

□2017年10月中旬刊行予定

諏訪敦 絵画作品集 Blue

皮ふ下の静脈の声が聞こえる……

『どうせなにも見えない』から6年、“視るという知覚の拡張”を堪能する初の本格画集。図版約70点・自作解題付

 

1本の「髪毛」から人の「精神の塊」まで、他の追従を許さない筆力で描きあげる諏訪敦。真骨頂のヌードをメインに、写実の先人・高橋由一へのオマージュ《豆腐》、戦中ハルピンで亡くなった祖母の足跡を追ったドキュメント的制作《棄民》まで、進化の成果をここに結実。

 

●寄稿:トーマス・コーファー(アートコレクターとして世界的に有名な映画監督)

●寄稿:北澤憲昭氏(美術評論家)

 

諏訪敦(すわ あつし)

1967年、北海道生まれ。
武蔵野美術大学大学院修士課程修了のち文化庁芸術家派遣在外研修員にてスペインに滞在。
2011年、NHK日曜美術館「記憶に辿りつく絵画~亡き人を描く画家~」放映。
2016年、NHK ETV特集「忘れられた人々の肖像~画家・諏訪敦 “満州難民”を描く~」放映。幅広い視点による論客としても知られ、現在「 芸術新潮」にて書評連載を担当中。

 

展覧会情報

福岡アルティアム 2017年10月7日〜11月5日

スペース

諏訪敦 絵画作品集 Blue

著者:諏訪敦

□ 判型:A4変
□ 総頁:176頁
□ 製本:上製
□ 2ヶ国語併記
□ 予価:4,500円+税
□ISBN 978-4-86152-646-6 C0071

Amazonでご予約 

□2017年10月中旬刊行予定

アニマル アトラス 動きだす世界の動物

動物が走る! 吠える!
かわいいイラストと迫力の映像で巡るアニマルワールド

 

サバンナや熱帯雨林、極寒の南極まで……世界の自然で暮らす動物たちの生活をのぞいてみよう! スマホやタブレットを本にかざすと、野生動物の生活をとらえた迫力の映像が流れます。子どもが夢中になりながら自然環境や生命を身近に感じられる、新感覚の動物絵図鑑です!

 

●500種類以上の世界の動物をイラストで掲載

●無料アプリをインストールして本にかざすだけ(AR機能)

●ナショナルジオグラフィックほか提供による迫力の映像約100本!

 

関連書籍

『ワールド・イン・ザ・ラウンド 動きだす世界地図』

 

スペース

アニマル アトラス 動きだす世界の動物

絵:アレクサンダー・ヴィダル

□ 判型:A4変
□ 総頁:48頁
□ 製本:上製
□ 定価:2,200円+税
□ISBN 978-4-86152-622-0 C8745

Amazonでご予約 

□2017年10月下旬刊行予定

花しるべ手帖 —誕生日の花個紋

「366日の花個紋」第2弾!

毎日を輝かせる、花個紋からのバースデイメッセージ

 

「花個紋」と「個意ことば」から生まれた、あなたや大切な人の誕生日を祝福するメッセージ。美しくしなやかに咲く花々のように、日々を前向きに過ごすための道しるべにしたい一冊。

 

関連書籍

『花結び手帖 ―366日の花個紋』

 

スペース

花しるべ手帖 —誕生日の花個紋

著者:花個紋企画室
□ 判型:文庫判
□ 総頁:416頁
□ 製本:並製
□ 予価:1,500円+税
□ISBN 978-4-86152-639-8 C0072

Amazonでご予約 

□2017年9月下旬刊行予定

拈華

生け花”とは違う、花の設えのかたち
クリエイティブディレクター・緒方慎一郎とプランツアーティスト・川本諭、奇跡のコラボレーションが生んだ美意識の結晶

 

和菓子店「HIGASHIYA」などを展開し、伝統を大切にしながら、日本の食や美意識を更新し続ける緒方慎一郎が「草木花」のしつらえに挑んだ。緒方が亭主を務める究極の料理屋「八雲茶寮」を舞台に、緒方が器を選び、川本諭が花を生けた。緒方の問いかけに川本が伝統的な型にはまらない独時の美意識で応えた、両者のコミュニケーションの記録。

 

 

緒方 慎一郎(おがた しんいちろう)/SIMPLICITY

SIMPLICITY代表。1999年、SIMPLICITY設立。「現代における日本の文化創造」をコンセプトに、和食料理店「八雲茶寮」「HIGASHI-YAMA Tokyo」、和菓子店「HIGASHIYA」、などを展開。建築、インテリア、プロダクト、グラフィックなど多岐に渡るプロジェクトにおいて、デザインやディレクションを行う。

川本 諭 (かわもと さとし)/ GREEN FINGERS
グリーンが持つ本来の自然美と経年変化を魅せる、独自のスタイリングを提唱するプラントアーティストとして活動。自身のディレクションによる日本9店舗とNYの店舗を展開し、幅広い活動を行う。


関連書籍

『HIGASHIYA 緒方 慎一郎』

 

スペース

拈華

著者:緒方慎一郎、川本諭
□ 判型:B5
□ 総頁:208頁
□ 製本:上製
□ 予価:4,000円+税
□ISBN978-4-86152-643-5 C0072

Amazonでご予約 

□2017年9月下旬刊行予定

次のページ >

↑TOPへ戻る