新刊案内

我旅我行 GA RYO GA KO

写真集「我我」(がが)から一年。

写真家 桑島智輝が、その妻で俳優の安達祐実を日々撮り続けているシリーズ、待望の続編!

 

フランス、ポーランド/ドイツ、沖縄、スペイン――
2014年から2018年までの四度の旅と、2020年4月以降、世界が変わったその後の、「旅」のような日常の記録。

 

桑島智輝(くわじまともき)
1978年岡山市生まれ。写真家。
2002年に武蔵野美術大学卒業後、鎌田拳太郎氏に師事。
2004年に独立後、雑誌やタレント写真集、広告で活躍している。
2013年に、約2年半の安達祐実を収めた写真集「私生活」を発表。
2014年に安達祐実と結婚。
2019年に、安達祐実との生活を収めた写真集「我我」を発表。
今でも毎日、安達を撮影し続けている。

 

 

関連書籍

『我我』

スペース

我旅我行

著者:桑島智輝 安達祐実

デザイナー:須山悠里

□ 判型:B5横
□ 総頁:104ページ(仮)
□ 製本:並製
□ 定価:2,600円+税
ISBN978-4-86152-815-6 C0072

Amazonでご予約

  2020年9月刊行予定

浅田撮影局 まんねん

映画『浅田家!』の浅田政志の新シリーズ。

「ミスター家族写真」が贈る、家族写真のススメ!

 

一家全員でさまざまな職業や場面になりきるユニークな家族写真が大きな話題を呼び、写真界の芥川賞と呼ばれる木村伊兵衛写真賞を受賞し、ついには映画化までされることになった写真集『浅田家』。

 

その著者、浅田政志が放つ新作「浅田撮影局 まんねん」は、自身が地元の撮影局の二代目に扮し、やはり家族みんなの力を借りながら、家族写真/記念写真の新たな可能性を追求したシリーズです。

 

かつてないほどストレートで力強い、「家族写真の真髄」をご覧あれ!

 

 

浅田政志(あさだ・まさし)写真家。1979年三重県生まれ。日本写真映像専門学校研究科を卒業後、スタジオアシスタントを経て独立。2009年、写真集『浅田家』(2008年赤々舎刊)で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。著書には東日本大震災の津波被害にあったアルバムや写真を洗浄し、持ち主に返す活動をする人々を約2年間にわたって撮影した『アルバムのチカラ』(2015年赤々舎刊)などがある。

 

関連展示

浅田撮影局

日時:2020年9月26日(土)~10月12日(月)

会場:PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)

スペース

Love Letter

著者:浅田政志

アートディレクション:祖父江槙

□ 判型:B5横
□ 総頁:72ページ
     BOOK in BOOK20ページ
             おまけ4ページ
□ 製本:並製
□ 定価:2,600円+税
ISBN978-4-86152-817-0 C0072

Amazonでご予約

  2020年10月刊行予定

大正昭和レトロ間取り探訪(仮)

大正・昭和初期の洋風モダンなお屋敷の「間取り」約200点を収録!!

大正〜昭和初期に開発された関西郊外の鉄道沿線の住宅案内広告から、選りすぐりの「間取り」を収載します。大阪の建築史家・橋爪紳也が、その膨大なコレクションから多種多様な住宅間取りを選定、当時の生活史を読み解きます 和と洋の部屋が入り混じり、現代とまったく異なる文化的な住宅様式を楽しめる建築・間取り好き垂涎間違いなしの一冊です。

 

 

橋爪紳也(はしづめ・しんや)1960年大阪市生まれ。京都大学大学院工学研究科修士課程建築学専攻修了。大阪大学大学院工学研究科博士課程環境工学専攻修了。『明治の迷宮都市』『化物屋敷』『祝祭の〈帝国〉』『ニッポンバブル遺産建築100』『日本の遊園地』『あったかもしれない日本』『「水都」大阪物語』等、著書多数。現在、大阪府立大学21世紀科学研究機構教授、同観光産業戦略研究所所長。

スペース

Love Letter

監修:橋爪紳也

デザイン:Chord Design Studio

□ 判型:B6
□ 総頁:256頁(仮)
□ 製本: PUR製本
□ 予価:2,300円+税
ISBN978-4-86152-811-8 C0052

Amazonでご予約

  2020年9月刊行予定

Love Letter

親密さが醸し出すエロス。大学時代から30代まで撮り続けた友人のヌード

衝撃のヌード写真集『沙和子』から10年。大学時代から2020年まで、一人の友人を追い続けたドキュメンタリーヌード・フォト。親密さが生み出す無防備な表情と、成熟してゆく女性のリアルな姿。未発表写真も数多く含む、約300点を一挙掲載。写真家クロダミサトの集大成。

 

 

クロダミサト
1986年三重県生まれ。京都造形芸術大学卒業。東京工芸大学修士課程修了。2009年「キヤノン写真新世紀」グランプリ受賞。2011年『沙和子』(リブロアルテ)、2013年『沙和子 無償の愛』(青幻舎)刊行。現在三重県在住、写真家。

 

 

展覧会

神保町画廊

2020年10月23日〜11月8日

スペース

Love Letter

著者:クロダ ミサト

デザイン:黒田益朗

□ 判型:A5変
□ 総頁:312頁(仮)
□ 製本: 並製
□ 予価:3,800円+税
ISBN978-4-86152-818-7 C0072

Amazonでご予約

  2020年10月刊行予定

舞妓モダン Maiko Beauty

多くの画家を魅了した妖しく美しい芸舞妓

京都を代表する文化の一つ、舞妓をクローズアップ。芸舞妓の誕生から舞妓が京都のシンボル的存在へと成長していく過程を、絵画作品を通して伝える京都文化博物館での展覧会『舞妓モダン』展の公式図録兼書籍。江戸から明治、大正、昭和、現代まで、舞妓文化の変遷を絵画作品や映画、歴史資料、記録写真などからひもとく。重要文化財の黒田清輝「舞妓」をはじめ、舞妓を妖艶に描いた岡本神草の「口紅」などの名画の数々と、結髪や衣装なども交えて多面的に紹介する。

主な掲載作家

黒田清輝、竹内栖鳳、堂本印象、岡本神草、村上華岳、

土田麦僊、林司馬、岸田劉生、竹久夢二、林武、

宇陀荻邨、伊東深水、小倉遊亀、下村良之介他



展覧会

京都府京都文化博物館

2020年10月6日(火)〜11月29日(日)

スペース

舞妓モダン

著者:京都府京都文化博物館

監修など:植田彩芳子(京都文化博物館)

デザイン:ym design(見増勇介)

□ 判型:B5変
□ 総頁:152頁(仮)
□ 製本: 並製
□ 予価:2,273円+税
ISBN978-4-86152-800-2 C0071

Amazonでご予約

  2020年10月刊行予定

bacio da italia イタリアからのキス(仮)

イタリア在住の作家がロックダウン下で描いた、愛と祈りの物語

イタリア・ロンバルディア州に住む作家 工藤あゆみによる、ロングセラー「はかれないものをはかる」に続く待望の新作。今作は2020年3月20日、イタリア全土に”IO RESTO A CASA(私は家にいる)”政策が施行されたその日からはじまりました。心も体も不安と恐怖と疲れの海に浸され、翻弄される厳しい日々の中にみつけた忘れがたい感情や覆い隠されていた気持ち。状況が悪化する中、心情の変化を日記のように綴った作品は、新型コロナウィルスの感染拡大によって世界が不安に包まれる今、人々の心に希望の火を灯します。

 

 

工藤あゆみ(くどう・あゆみ)
1980年岡山県生まれ。2010年イタリア国立カッラーラアカデミア美術大学絵画科卒業。2012年プレミオサンフェデーレ大賞、ボローニャ国際絵本原画展入賞。ヨーロッパを拠点に活動。

 

関連書籍

はかれないものをはかる

スペース

工藤あゆみ

著者:工藤あゆみ

□ 判型:A5横
□ 総頁:200頁
□ 製本: 並製
□ 予価:2,300円+税
ISBN978-4-86152-813-2 C0071

Amazonでご予約

  2020年9月刊行予定

金魚美抄2020

金魚絵師 深堀隆介監修、19名の作家たちによる金魚アート

自ら「金魚絵師」と名乗る現代美術家 深堀隆介が監修する金魚をモチーフにした現代アート展『金魚美抄2020』公式図録兼書籍。造形、ドローイング、切り絵、ガラス、フェルトなど全19名の作家によるさまざまに表現された金魚たち。深堀隆介の作品を新作を含み40点を掲載。さらに、奈良県大和郡山 箱本館「紺屋」所蔵の金魚コレクションも収録。

参加アーティスト
深堀隆介、網野篤子、いわたきぬよ、岩本夏樹、上田風子、川田 潮、

キタイミコト、空間金魚、HIDETOSHI MINAMATA、小林美幸、

谷田有似、土谷風斗、西嶋みゆき、西村はる、晴智ありさ、

藤本絢子、堀 としかず、矢萩ひかる、誘牙、夜舟

 

深堀隆介

1973年愛知県生まれ。愛知県立芸術大学美術学部デザイン・工芸専攻学科卒業、1999年より制作活動をはじめ、2002年、器の中に樹脂を流し込み、絵具で金魚を描く技法をあみだす。

 

 

展覧会

8月29日(土)~9月27日(日) 学びの杜ののいちカレード(石川県)

10月3日(土)~11月8日(日) 豊川市桜ヶ丘ミュージアム(愛知県)

11月14日(土)~2021年1月11日(月・祝) 青森県立郷土館

スペース

金魚美抄2020

監修:深堀隆介

デザイン:tento

□ 判型:A5変
□ 総頁:216頁
□ 製本: 並製
□ 定価:2,500円+税
ISBN978-4-86152-809-5 C0071

Amazonでご予約

  2020年9月刊行予定

工藝2020 自然と美のかたちー (仮)

自然と密接に関わりながら発展してきた
「工芸(Kōgei)」がもつ新たな魅力と可能性−−


世界から高い評価を得ている日本の伝統工芸から、重要無形文化財保持者(人間国宝)や日本芸術院会員から中堅、次の世代を担う若手の作家まで、日本を代表する作家の作品を掲載。自然と工芸の関係性をテーマに掲げ、これまでにない工芸の価値を改めて提示します。伝統的な素材を活用しながらも、現代に向けて表現し続ける現役の工芸作家が集結。工芸がもつ新たな魅力と可能性を多くの読者に向けて発信する一冊です。

 

展覧会
特別展 工藝2020 –自然と美のかたち–
Kōgei 2020—The Art of Crafting Beauty from Nature
会期:020年9月21日(月・祝)〜11月15日(日)
会場:東京国立博物館 表慶館

スペース

工藝2020

著者:東京国立博物館(表慶館)

デザイン:野村勝久(野村デザイン制作室)

□ 判型:B5変
□ 総頁:144頁(仮)
□ 製本: クータ製本
□ 定価:2,500円+税
ISBN 978-4-86152-810-1 C0072

Amazonでご予約

  2020年9月刊行予定

I Stand Alone 音楽、映画、アート、食、そして旅。
96のキーワードでひもとく立川直樹という生き方

音楽、映画、アート、食、旅。いま語りおろされる、生きる巧者の日々。

1964年、日本ではまだ馴染みのなかったプロデューサーという仕事をして生きていくと15歳で心に決め、21歳でザ・タイガースを中心とした野外ライブをプロデュースした立川直樹。以降、チェット・ベイカー、デヴィッド・ボウイから十八代中村勘三郎、伊丹十三まで、ジャンルにこだわらず、自由に、軽やかに、プロデューサー・音楽監督・作家としてエンターテインメントを創造してきた。数々のアーティストとの逸話や本物を見抜く知性とセンスと愉しみを96のトピックで語りおろす。

テオ・マセロ/演出家部屋/求められるもの/セルジュ・ゲンスブール/ボブ・ディラン/デヴィッド・ボウイ/謎の男/伊丹十三/音楽監督/ヴィスコンティ家/篠山紀信/中村勘三郎/居眠り/ややこしい人/ええかっこしい/ナンバー2/シャイン・オン・ユー・クレイジー・ダイヤモンド/1969/機械おんち/片づけ魔/長髪/車/魚屋/知らない場所/もやし炒め/失われた雲丹を求めて/デザート/端数/遅刻/好奇心/カム・レイン・オア・カム・シャイン/I Stand Alone など

 

 

立川直樹
1949年、東京で生まれる。70年代の始まりからメディアの交流をテーマに、プロデューサー/ディレクターとして音楽、映画、美術、舞台など幅広いジャンルで活躍。『セルジュ・ゲンスブールとの一週間』、『TOKYO1969』、『ザ・ライナーノーツ』など著書も多数。

西林初秋
1962年、大阪で生まれる。コピーライターとして数々の企業のプロモーションに携わり、大阪コピーライターズクラブ新人賞、毎日広告デザイン賞部門賞など広告賞も多数受賞。映画制作や雑誌の編集、ラジオDJなど活動も多岐にわたる。

スペース

立川直樹

著者:立川 直樹
         西林 初秋

□ 判型:B6

□ 総頁:256頁
□ 製本: 並製
□ 予価:2,000円+税
ISBN 978-4-86152-814-9 C0073

Amazonでご予約

  2020年9月刊行予定

いきもののすべて

あのどうぶつたちが帰ってきました。
フジモトマサルの描く、シニカルでキュートな4コマ/ 短編漫画集!

フジモトマサルの『いきもののすべて』(2006年、文藝春秋社)を、宮本大人による解説を新たに収録して復刊。
何度も読みたい。フジモトマサルの描く、どうぶつたちの日常。


◎目次
いきもののすべて
マガオくん
ある平凡な一日の終わりに

◎解説
宮本大人(明治大学国際日本学部准教授、漫画史研究)

スペース

いきもののすべて

著者:フジモトマサル

□ 判型:四六判
□ 総頁:168頁
□ 製本: 並製
□ 定価:1,600円+税
ISBN978-4-86152-806-4 C0070

Amazonでご予約

  2020年9月刊行予定

次のページ >

↑TOPへ戻る