新刊案内

大江戸の色彩(仮)

極彩色と四十八茶百鼠が乱舞する、粋でいなせな大江戸色彩文化論

 

江戸時代の色彩を多角的に読み解く一冊。五色不動や黒壁・赤門など町並みの色にまつわる呪術的意味や、江戸の絵画やファッションが上方の影響から徐々に脱して独自に発展してゆく様子、二大悪所と呼ばれた歌舞伎と遊郭から発した流行色や江戸で育まれた美意識などを、色見本・配色見本を含む豊富な図版と年表とともに解説。


●和の色名付きの色見本・配色見本を解説とともに豊富に掲載

●色彩の流行をたどれる充実の年表付き

城 一夫(じょう かずお)

共立女子学園名誉教授。専門は色彩文化・模様文化の研究。著書に『フランスの配色』『色で読み解く名画の歴史』『イタリアの伝統色』など。色彩に関するTV番組の監修や展覧会の企画・構成も多数。

 

 

関連書籍

『色の知識』
http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-251-2
『色で巡る日本と世界 くらしの色・春夏秋冬』
http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-503-2

スペース

大江戸の色彩(仮)

□ 著者:城 一夫
□ 判型:A5
□ 総頁:208頁
□ 製本:並製アジロ綴じ
□ 予価:2,300円+税
□ ISBN:978-4-86152-598-8 C0095

Amazonでご予約 

□2016年12月下旬刊行予定

京都 仏さまぬり絵/ご利益 神さま仏さまぬり絵

「ざわついた心をスーッと解きほぐし功徳をいただけます」監修 枡野俊明師

 

仏さまのイラストを塗ったり、線をなぞったりするだけで不思議と心のモヤモヤが晴れる! 京都や奈良、滋賀の美仏やインパクト大の仏さまをイラストにしました。仏さまと向き合ったあとは守護仏として見返したり、お寺めぐりに携帯したり。巻末の般若心経の写経とともに、功徳がたっぷりいただけます。

 

 

●写経付・お寺MAP付
●携帯できるポストカードサイズ

●京都版:国宝・重文級、世界遺産の寺院所蔵の名仏像を収載

 三十三間堂、東寺、広隆寺、大覚寺、仁和寺、鞍馬寺 ほか

●神さま版:願いを叶え守ってくださる仏教の仏さまを厳選掲載
 トイレの神様、かまどの神様、美と幸運の女神、盗難よけの神様 ほか

 

 

枡野俊明(ますの しゅんみょう)

曹洞宗 徳雄山建功寺住職。庭園デザイナー(日本造園設計代表)、多摩美術大学環境デザイン学科教授。著書に『禅シンプル生活のすすめ』、『心配事の9割は起こらない』ほか多数。

 

スペース

京都 仏さまぬり絵 ご利益 神さま仏さまぬり絵

□ 監修:枡野俊明
□ 判型:105×150mm(ポストカードサイズ)
□ 総頁:各32綴り
□ ジャバラ仕様
□ 定価:各1,000円+税

京都 仏さまぬり絵
□ ISBN 978-4-86152-580-3 C0071
Amazonでご予約 

ご利益 神さま仏さまぬり絵
□ ISBN 978-4-86152-601-5 C0071

文学とワイン

文学とワインの幸せな時間 気鋭の作家と語る銀座での十夜

 

イメージをふくらませること、余韻を楽しむこと……共通点の多い文学とワインを気鋭の作家10名と語らう。

銀座エノテカ・ミレでの「本の音夜話」は、毎回一人の作家を迎えて少人数の参加者で囲み、ワインとともにトークを楽しむ知る人ぞ知るイベント。本書はその書籍化で、十名の作家との親密で幸福な時間がつまった一冊。

 

登場作家

西川美和、田中慎弥、柴崎友香、平野啓一郎、堀江敏幸、

島本理生、穂村弘、原田マハ、小林エリカ、角田光代

(順不同・敬称略)


●各作家のおすすめブックガイド付き

●各作家をイメージした厳選ワインガイド付き

●冬のワインギフトのヒントも満載

 

 

山内 宏泰(やまうち ひろやす)

ライター。美術、写真、文芸その他について執筆。

著書に『写真のフクシュウ 荒木経惟の言葉』(パイインターナショナル)『写真のフクシュウ 森山大道の言葉』(パイインターナショナル)『上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史』(星海社新書)『写真のプロフェッショナル』(パイ インターナショナル)『G12 トーキョートップギャラリー』(東京地図出版)『彼女たち』(ぺりかん社)など。

 

 

スペース

文学とワインⅠ

□ 著者:山内 宏泰
□ 判型:A5
□ 総頁:200頁
□ 並製
□ 予価:1,800円+税
□ ISBN:978-4-86152-599-5 C0095

Amazonでご予約 

□2016年12月中旬刊行予定

美術解剖学レッスンⅠ【手・腕編】 人体デッサンを極める

「描いて学べる美術解剖学シリーズ」第一弾

 

デッサン・イラスト・漫画・アニメーションなど、魅力的な人体図を描きたいすべての人に…!今までにはなかった解剖学の視点から、絵の描き方を詳しくわかりやすく解説した“美術解剖学書”。体の各部の名称や構造、機能がわかればデッサンはもっとうまくなる。

原島 広至(はらしま ひろし)

昭和41年生まれ。歴史・サイエンスライター、エディトリアル・デザイナー、マルチメディア・クリエイター。サイエンス系の著書に『骨単 – 語源から覚える解剖学英単語集[骨編]』『肉単』『脳単』『臓単』など。

 

スペース

美術解剖学レッスンⅠ

□ 著者:原島 広至
□ 判型:B5
□ 総頁:160頁
□ 並製
□ 予価:2,000円+税
□ ISBN:978-4-86152-573-5 C0071

Amazonでご予約 

□2016年12月中旬刊行予定

ひろしま美術館コレクション フランス美術風景紀行

印象派の名品を中心に、今も残る景色を旅する

別名「印象派美術館」と呼ばれ、阿川佐和子さん、赤瀬川原平さんなど各界にファンも多い同美術館。本書ではゴッホ《ドービニーの庭》をはじめ、国内外で高い評価を得るフランス近代美術のコレクション約100点を、被写体となった風景写真とともに紹介します。
エッセイスト・阿川佐和子さんのインタビューを掲載。

掲載画家
モネ、ルノワール、ゴッホ、マネ、ドガ、ゴーギャン、セザンヌ、ロートレック、ピカソ、モディリアーニ、シャガール、フジタ ほか

スペース

ひろしま美術館コレクション フランス美術風景紀行

□ 判型:A5変型
□ 総頁:204頁
□ 並製
□ 定価:2,300円+税
□ ISBN:978-4-86152-557-5 C0071

Amazonでご予約 

□2016年12月下旬刊行予定

世界の天空の城 雲上に浮かぶ夢想遺産

歴史ロマンあふれるファンタジックな天空の城への誘い

朝霧につつまれた雲海に浮かぶ竹田城跡、北海の断崖絶壁にそびえるスコットランドのダノター城、崩壊消滅の危機にある古代イタリアの城塞都市チベッタなど、物語の世界に迷い込んだかのような幻想的な「天空の城」。世界遺産のお城や、アニメのモデルになったお城など、一度は訪れたい世界各国44の「天空の城」を紹介。

 

スペース

世界の天空の城 雲上に浮かぶ夢想遺産

□ 判型:四六版
□ 総頁:192頁
□ 仕様:並製
□ 予価:1,600円+税
□ ISBN:978-4-86152-572-8 C0072

Amazonでご予約 購入ページへ

 

いまからノート

誰かのためでもあるけれど、自分のためにつづる。

大人に向けたエンディングノートのようなアルバムワークブック。エンディングノートと言えば、葬儀の事や遺産などの事がメインのものが大半ですが、本書は自分の思い出や、家族・仲間の思い出、自分の好きなものなどを書き込める項目で構成。自分の人生をふりかえりながら、大切な人のために書き留めて残す絵本仕立てのハッピーエンド・フォトアルバム。

 

藤本 智士(ふじもと・さとし)編集者/有限会社りす代表
手がけた『ニッポンの嵐』は、発売4日で20万部を超える大ヒット。編集を軸にローカルデザインを考える事例が話題に。
http://re-s.jp/

福田 利之(ふくだ・としゆき)イラストレーター
1967年大阪生まれ。ミュージシャン『スピッツ』や『ほぼ日刊イトイ新聞』との仕事はもちろん、CDや本の挿画、絵本、雑貨制作等、様々なジャンルに活躍中。
http://www.to-fukuda.com/ 

スペース

いまからノート(仮)

絵:福田利之
文:藤本智士

□ 判型:170 x 230mm
□ 総頁:50頁
□ 仕様 : ジャバラ製本(ケース入り)
□ 予価:2,500円+税
□ ISBN:978-4-86152-596-4 C0071

Amazonでご予約 

□2016年12月上旬刊行予定

agnès b. STYLISTE アニエスベー スティリスト

すべては彼女からはじまった。
アニエスベー40年の軌跡

〈アニエスベー〉1号店がパリに誕生して40年あまり。ファッションデザイナーとして、ひとりの女性として、情熱的に走り続けるアニエスベーの創作の秘密を紐解きます。貴重な写真やスケッチの数々や、彼女を知る人々の証言、そして彼女自身のメッセージも豊富に掲載。アニエスベーのエッセンスがぎっしりつまった、ファン待望の一冊です。

スペース

agnès b. STYLISTE

□ 判型:A4変型
□ 総頁:288頁
□ 上製
□ 定価:5,000円+税
□ ISBN:978-4-86152-562-9 C0070

Amazonでご予約 購入ページへ

 

ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS iii 植物図鑑

シリーズ累計3万部 深化を続ける『植物図鑑』待望の第三弾 

目まぐるしく変わる花市場を定点観測し、人間の欲望が生み出す、まばたきのような花々の生と死を類まれな観察眼で表現し、記録として繋ぎとめる東信と椎木俊介。今回はシリーズでも最多の7つのチャプターにより構成される。
物語性を増す本作は、ENCYCLOPEDIA(生と死の循環)をより体現し、圧倒的な展開で見るものを引き込む。アトリエの中だけでなく、地球をも借景とする、とどまることなく大きなプロジェクトへと発展していく『植物図鑑』から目が離せない。

東 信(あずま・まこと)フラワーアーティスト
2002年、椎木俊介と共同し、オートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を銀座に構える(現在は南青山所在)。2005年頃から、植物による造形表現=Botanical Sculptureを開始。ニューヨークでの個展を皮切りに、ヨーロッパを中心に実験的な作品を数多く発表するほか、2009年より実験的植物集団「東信、花樹研究所(AMKK)」を立ち上げ、世界各地で作品発表を重ねる。独自の視点から植物の美を追求し続けている。www.azumamakoto.com

椎木 俊介(しいのき・しゅんすけ)ボタニカル・フォトグラファー
2002年、東信とともに、銀座にオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。東が植物による造形表現にはじめると時期を同じくして、カメラを手にし、刻々と姿かたちを変容させる生命のありようを写真に留める活動に傾倒していく。2011年には初の作品集となる東信との共著『2009-2011 Flowers』(青幻舎)を発表。常に独特の視点で東の作品を捉え、植物の美を写し続けている。


関連書籍
『ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS 植物図鑑』
『ENCYCLOPEDIA OF FLOWERSⅡ 植物図鑑』 

スペース

ENCYCLOPEDIA OF FLOWERSⅢ 植物図鑑

著:東信、椎木俊介
□ 判型:B5判
□ 総頁:488頁
□ 並製
□ 定価:3,200円+税
□ ISBN:978-4-86152-571-1 C0072

Amazonでご予約 購入ページへ

 

中原淳一の便箋

「それいゆ」創刊70周年
眺めて、使って楽しめる便箋BOOK! 

当時の女学生にこよなく愛された中原淳一の便箋。雑誌の付録だけでなく、昭和12年頃からは毎月数種類が発売されるほど大人気でした。『乙女のふろく』の著者である村崎修三氏のコレクションから、書籍初収録作品をはじめ四季に合わせて使える便箋64作品を厳選。一枚ずつ切り離して使える便箋BOOKとして再現しました。

 中原淳一(なかはら・じゅんいち)
昭和初期、少女雑誌「少女の友」の人気画家として一世を風靡。戦後一年目の1946年、独自の女性誌「それいゆ」を創刊、続いて「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」などを発刊。当時の女性達へ暮らしもファッションも心も「美しくあれ」と幸せに生きる道筋を示してカリスマ的な憧れの存在となった。

関連書籍
 『乙女のふろく 明治・大正・昭和の少女雑誌』

スペース

中原淳一の便箋

□ 判型:B5変型
□ 総頁:142頁(便箋64枚)
□ 並製 ※はがせる製本
□ 定価:1,800円+税
□ ISBN:978-4-86152-585-8 C0071

Amazonでご予約 購入ページへ

次のページ >

↑TOPへ戻る