新刊案内

もりに かくれて いるのは だあれ?
—魔法のレンズで3つの世界をのぞいてみよう

ヨーロッパで大人気!びっくり!かわいい仕掛け絵本

全世界で注目を集める仕掛け絵本シリーズ!森の中や海の底を緑・青・赤のレンズでのぞいてみると、いろいろな動物たちがかくれています。

 

●英国プリマ・ベビーアワード金賞受賞

●お子さんも使いやすい、大きなレンズ

 

 

スペース

もりに かくれて いるのは だあれ?

□ 著者:アイナ・べスタルド
□ 訳:きた なおこ
□ 判型:280x280
□ 頁:24頁
□ 製本:上製
□予価:1,900円+税

もりに かくれて いるのは だあれ?
□ ISBN 978-4-86152-611-4 C8771

Amazonでご予約 

□2017年05月下旬刊行予定

 

うみに かくれて いるのは だあれ?
—魔法のレンズで3つの世界をのぞいてみよう

ヨーロッパで大人気! びっくり! かわいい仕掛け絵本

全世界で注目を集める仕掛け絵本シリーズ! 森の中や海の底を緑・青・赤のレンズでのぞいてみると、いろいろな動物たちがかくれています。

 

●お子さんも使いやすい、大きなレンズ

 

 

スペース

 うみに かくれて いるのは だあれ?

□ 著者:アイナ・べスタルド
□ 訳:きた なおこ
□ 判型:280x280
□ 頁:24頁
□ 製本:上製
□予価:各1,900円+税

うみに かくれて いるのは だあれ?
□ ISBN 978-4-86152-612-1 C8771

Amazonでご予約 
□2017年05月下旬刊行予定

 

日本料理 緒方(仮)

日本料理の神髄を見る!

この緒方さんの本、まず写真が素晴らしい。料理は、土、水、空気、光から生まれる食材と、火、鉄による人間の技から生まれるアートだ。坂本龍一

 

2008年、京都にオープン。多くの美食家や著名な食通に愛され、予約困難な店のひとつに数えられる名店「緒方」。「室町和久傳」で総料理長を務めた店主・緒方俊朗が、移りゆく季節の素材に真摯に向き合い、天性の技で心と記憶に残る料理を生み出す。ルーシー・リーをはじめ、乾山、古九谷などの器との共演も見どころ。食材、技法も掲載。美しいビジュアルを堪能する珠玉の1冊。

 

緒方俊朗(おがた・としろう)

1966年広島生まれ。京都を代表する老舗旅館「柊屋」を経て、名門「和久傳」の総料理長を務めたのち、2008年に「緒方」を開業。

スペース

日本料理 緒方(仮)

□ 著者:緒方俊郎(「緒方」店主)
□ 写真:越田悟全
□ 寄稿:坂本龍一
□ 判型:B4変
□ 総頁:168頁
□ 製本:上製(函入り)
□ 予価:12,000円+税
□ISBN:978-4-86152-588-9 C0076

Amazonでご予約 

□2017年5月下旬刊行予定

人体表現に生命を吹き込む アーティストのための形態学ノート

知れば知るほど、イマジネーションが湧いてくる!

絵画、デザイン、立体造形…美術解剖学の先へ踏み出す〝形態学 〟で学ぶ、全く新しい人体表現!!
 

徹底した観察で人体の規則性や個性を読み取る——
これまで日本でほとんど紹介されてこなかった「形態学」の視点から、美術解剖学書だけでは習得しきれなかった個性豊かで生命感あふれる人体の姿を分析。人体への理解が深まり、デッザンがワンランクアップする待望の一冊!

●写真、解剖図、名画や彫刻から人体を徹底観察!

●男女差、骨格、脂肪など人体の「規則性」と「個性」を分析

 

アントワーヌ・バルジー二

パリ国立高等美術学校卒。2006年よりパリ国立高等服飾学校でデッサンおよび形態学講座の教鞭を執る。理論と実践を組み合わせた手法が好評を博し、海外でのワークショップ開催など精力的に活動。

スペース

人体表現に生命を吹き込む アーティストのための形態学ノート

□ 著者:アントワーヌ・バルジー二
□ 判型:A4変型
□ 総頁:200頁
□ 製本:並製
□ 予価:3,800円+税
□ISBN978-4-86152-603-9 C0071

Amazonでご予約 

□2017年5月下旬刊行予定

ソール・ライター写真集 ニューヨークが生んだ伝説(仮)

ソール・ライター財団全面協力 完全日本オリジナル作品集
作品と言葉で紡ぐ、ソール・ライターの人生哲学と美意識 

 

映画「急がない人生で見つけた13のこと」で話題を呼んだソール・ライター。我々日本人を引きつけてやまない、人生観、情緒的表現、浮世絵の影響を感じされる構図、色彩など、その深遠なる魅力の謎に迫る。初期のストリートフォトから広告写真、プライベートヌード、ペインティングなど約200点とともに、アトリエ写真、愛用品などの資料も収録。

 

ソール・ライター

1923年、アメリカ、ビッツバーク生まれ。1940年代、絵画のようなカラー写真の先駆者として、また「ヴォーグ」「ハーパーズ・バザー」などの有名ファッション誌の表紙を飾ったソール・ライター。商業性が強く求められる80年代になると表舞台から姿を消してしまいました。2006年、ドイツのシュタイデル社から初の写真集が刊行されるや“巨匠の再発見”と熱狂的に受け入れられ、現在世界中で展覧会が開催、ドキュメント映画公開されるなど続く。2013年ニューヨークで死去。


関連展示

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
会期:2017年4月29日(土・祝)〜6月25日(日)

伊丹市美術館ほか巡回予定

詳細>>

 

スペース

ソール・ライター写真集 ニューヨークが生んだ伝説(仮)

□ 著者:ソール・ライター
□ 寄稿:柴田元幸
             ソール・ライター財団 
□ 判型:A5
□ 総頁:256頁
□ 製本:並製
□ 予価:2,500円+税
□ISBN978-4-86152-616-9 C0072

Amazonでご予約 

□2017年5月上旬刊行予定

日本の神様イラスト図鑑

楽しいイラストで「日本の神様」のことがよくわかる


日本では「八百万の神」といわれるように、数多くの神々が信仰され、縁結び、商売繁盛や家内安全、豊作などのご利益を求めて折々に神社を参拝するなど、神様は現代の日本人の生活にも深く溶け込んでいます。しかし、そのような神様について知っているようで実は良くわかっていないのでは?本書は日本人が知っておくべき100を超える「日本の神様」たちの個性や性格、そのご利益などを楽しいイラストと簡潔でわかりやすい解説で伝えます。


●日本の神々100以上を楽しいイラストで紹介。
 (古事記、日本書紀の神話の神々、民間信仰の神様、不思議な神様など)

●神様の個性や性格のほか、ご利益や祀られている神社も掲載。

●神社巡りにも最適な神様ガイド図鑑。

 

 

カワグチニラコ

イラストレーター。実用書のイラストからコミックエッセイまで手がける。著書に『イラストでわかる 日本の仏さま』『あちこち吉祥寺&中央線さんぽ』(KADOKAWA 中経出版)など。『イラストでわかる 日本の仏さま』は、10万部を突破するベストセラーとなっている。

古川順弘(ふるかわ・のぶひろ)

歴史ライター。宗教・歴史分野を中心に、書籍・雑誌の編集・執筆を行う。著書に『日本の神々」の正体』(洋泉社)『古事記と王権の呪術』(コスモス・ライブラリー)『地図とあらすじで歩く『古事記』(新人物往来社)など。

スペース

日本の神様イラスト図鑑

□ イラスト:カワグチニラコ
□ テキスト:古川順弘
□ 判型:四六判
□ 総頁:192頁
□ 製本:並製
□ 予価:1,700円+税
□ISBN978-4-86152-578-0 C0021

Amazonでご予約 

□2017年5月下旬刊行予定

東京の家

フランス人写真家が写し出した、東京の街のもうひとつの美しさ。

 

フランス人写真家が東京都内のユニークな現代建築の個人住宅を、3年余りかけて撮影した写真集。日本に住んでいると当たり前になっている、住宅街に潜む違和感を独自の視点で捉えた。建物の外観だけでなく、そこで暮らす人々も写し込むことで日常を感じることができる、全く新しいタイプの建築写真集。

 

●隈研吾、坂茂、妹島和世、西沢立衛、青木淳、長谷川豪ら設計による、東京の住宅街にある現代建築の個人住宅を54軒収録。

ジェレミー・ステラ

1979 年フランス生まれ。東京在住。2009年より東京在住。主に仏ル・モンド紙、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙などで活動。2014年、初めての写真集「東京の家」がフランスで出版された。

 

関連展示

『日本、家の列島―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン』展

会場:汐留ミュージアム

会期:2017年4月4日(土)- 6月25日(日)

スペース

東京の家

□ 著者:ジェレミー・ステラ
□ 判型:B5
□ 総頁:144頁
□ 製本:コデックス
□ 予価:3,500円+税
□ ISBN978-4-86152-606-0 C0052

Amazonでご予約 

□2017年4月上旬刊行予定

京都の凸凹を歩く2

街歩きの達人、待望の第2弾!!京都人も 唸らせる、新ネタ9本!

 

京都を「高低差」で読み解く、まったく新しい京都本として、大反響を呼んだ『京都の凸凹を歩く』。続編では、嵐山というおなじみの観光地から、吉田山、六地蔵といった凸凹の聖地まで、さらにディープな魅力を発信!2回目以降の京都旅行にぜひ!

● 収録エリア(予定含む)

  嵐山(天龍寺)/伏見城/吉田山/六地蔵/五条/御所東

● 京都出身のロックバンド・くるりの岸田繁さん、「ブラタモリ」ディレクタ

  ー山内太郎さんとの対談収録!

 

梅林秀行(うめばやし・ひでゆき)

1973年名古屋市生まれ。京都高低差崖会崖長。京都を中心にツアーガイドを行なう。NHK「ブラタモリ」京都編、奈良編に計4回出演。

 

 

関連書籍

「京都ガイド本大賞2016リピーター賞」受賞!京都の凸凹を歩く』 

スペース

京都の凸凹を歩く2

□ 著者:梅林秀行
□ 判型:A6
□ 総頁:160頁
□ 製本:並製
□ 予価:1,600円+税
□ISBN978-4-86152-600-8 C0025

Amazonでご予約 

□2017年5月下旬刊行予定

19世紀パリ時間旅行 失われた街を求めて

仏文学者・鹿島茂エスプリの真骨頂
19世紀パリを美術で巡るタイム・トラベル
 

芸術新潮連載「失われたパリの復元」をもとに、200点以上のビジュアル図版から、パリ史の中で最も衝撃的な「パリ大改造」前後を見つめる——

1853–70年、オスマン男爵によって着手された都市改造は別名「パリの外科手術」と言われ、ルーブル宮や新オペラ座の建設、改善された上下水道、街に光をもたらすガス灯の設置など、今日イメージされる「パリ」を形作りました。その激動の時代は、印象派をはじめとした画家たちの格好のテーマとなりました。風俗や景観を描いた絵画、当時の衣装、地図などの多様な作品から、匂い立つような花の都のノスタルジーをたどります。

 

関連展示

19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて―〈練馬区独立70周年記念展〉展

会場:練馬区立美術館

会期:2017年4月16日(日)~6月4日(日)

スペース

19世紀パリ時間旅行 失われた街を求めて

□ 著者:鹿島茂
□ 判型:A4変形
□ 総頁:184頁
□ 製本:並製
□ 予価:3,200円+税
□ISBN978-4-86152-591-9 C0071

Amazonでご予約 

□2017年4月下旬刊行予定

東京古道探訪 江戸以前の東京の古道を探る歴史散歩

千年前の人々が歩いた江戸以前の東京を知る

 

東京に残る古道10ルートを、1日に歩ける範囲(10km前後)でピックアップ。古道の面白さを地図と文章で紹介、実際に歩いているように地形や歴史を味わえます。古道探訪ならではの発見と驚きの満ちた新たな歴史散歩を提案。

 

● はじめてでも楽しめる古道ルート10を厳選
 高輪に残る古代東海道の跡/浅草を中心とする古道/千住の古街道/

   豊島郡衙(ぐんが)から赤羽へ  などなど

● 古道の達人ならではの古道トリビア満載

 

荻窪 圭(おぎくぼ けい)

古道研究家。1963年生れ。ライター・カメラマンとして活躍する傍ら、古地図収集と古道探索を行っている。著書に『東京古道散歩』(中経の文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』 (ソフトバンク新書)など。「タモリ倶楽部」(テレビ朝日)に古道研究家として出演経験あり。

 

スペース

東京古道探訪 江戸以前の東京の古道を探る歴史散歩

□ 著者:荻窪 圭
□ 判型:四六判
□ 総頁:192頁
□ 製本:並製
□ 予価:1,600円+税
□ISBN978-4-86152-613-8 C0025

Amazonでご予約 

□2017年4月下旬刊行予定

次のページ >

↑TOPへ戻る