新刊案内

澤田知子 狐の嫁入り(仮)

デビュー作《ID400》から初公開の新作までを収録した、澤田知子の25年の歩みをまとめた1冊

澤田知子は、2000年にセルフポートレイト作品《ID400》でキヤノン写真新世紀優秀賞を受賞、2004年に木村伊兵衛写真賞、NY国際写真センターヤングフォトグラファー賞を受賞し、現在、国内外で高く評価される女性作家です。セルフポートレートの手法を軸に、一貫して内面と外見の関係性をテーマに制作を続ける澤田の主要作品を網羅した作品集。

 

 

澤田知子(さわだ・ともこ )
1977年兵庫県神戸市生まれ、在住。成安造形大学造形学部デザイン科写真クラス研究生修了。内面と外見の関係性をテーマとしたセルフポートレイト作品で知られる。デビュー作《ID400》で2000年度キヤノン写真新世紀特別賞、2003年度木村伊兵衛写真賞、ニューヨーク国際写真センターのThe Twentieth Annual ICP Infinity Award for Young Photographer 受賞。世界各地で展覧会を開催するほか写真集や絵本を出版。

 

 

関連展示

澤田知子 狐の嫁いり
開催期間:2021年3月2日(火)~5月9日(日)
会場:東京都写真美術館

 

スペース

澤田知子

著:澤田知子

□ 判型:文庫版

□ 総頁:272頁
□ 製本:上製
□ 予価:2,600円+税
□ISBN978-4-86152-836-1 C0072

Amazonでご予約  

3月刊行予定

私のマル 小野田實 My Circles: Onoda Minoru(仮)

過去最大ボリュームの小野田實図集

ポカンと空を眺めながら「私のマル」が、この空を、地球を、残る隙なく覆い尽くすことを夢想する。(「姫路美術」創刊号 1961年12月より)

現在、国際的にも再評価が高まる具体美術協会の会員として知られる小野田實は、日本の戦後美術を語る上で重要な前衛画家の一人である。1965年から1972年の具体美術協会解散まで同協会に所属し出品を重ね、海外での具体美術への注目の中で独特の存在感を示した。同時に、その7年間の具体時代は小野田の画業において一時期に過ぎない。60年代には自身の作品を「繁殖絵画」と名付け、胡粉とボンドを混ぜ合わせた有機的な支持体に色とサイズの異なる無数のマルで画面を覆い尽くしたが、70年代に入るとマルは正方形のキャンバスの中央に置かれたシンプルで普遍的な真円に集約され、大量生産・大量消費時代を反映する新しい抽象を志向した。
2021年4月より姫路市立美術館で初期から最晩年までの画業を網羅して開催される過去最大規模の回顧展「私のマル 小野田實」展、公式図録兼書籍。本書では、展覧会には出品されない海外コレクター所有の貴重な作品も多数収録。具体美術研究者が語る、書き下ろし小野田實論を掲載する。

 

 

小野田實(おのだみのる):1937-2008年。満州生まれ、戦前より姫路へ移住、その後の生涯、姫路を拠点に活動する。元永定正の紹介により1965年「具体美術協会」会員となり、第16回具体美術展に出品。堀尾貞治や今中クミ子、松田豐などと共に第3世代と呼ばれた。



関連展示

私のマル 小野田實(仮)
2021年4月20日(火)~6月20日(日)姫路市立美術館

 

スペース

小野田實

著:姫路市立美術館

  小野田イサ

□ デザイナー:ym design (見増勇介)

□ 判型:B5変

□ 総頁:432頁( 仮)
□ 製本:並製
□ 予価:3,000円+税
□ISBN978-4-86152-829-3 C0071

Amazonでご予約  

4月刊行予定

オカルトの美術 現代の神秘にまつわるヴィジュアル資料集

占星術・心霊・魔術などのテーマから芸術にまつわる摩訶不思議なエピソードを徹底大解剖

未知なる世界を描き、時空を超越した不可思議な作品たち…。

芸術におけるオカルトについて、知られざるテーマを読み解く。霊的信仰や魔術の技法、神話や幻想的な体験から触発され創造された作品を選りすぐり、古今東西約200点の作品を紹介。

(収録作家) アルチンボルド ウォーターハウス カンディンスキー クレー ピカソ ミュシャ モンドリアン
マーク・ライデン リキテンスタイン ルドン レオナルド・ダ・ヴィンチ …etc.

 

S. エリザベス

作家。神秘芸術に関するエッセイやインタビュー記事をオカルト系雑誌などに発表。占星術師と建築家の両親のもとに生まれ、魔術への関心と、視覚芸術への情熱を、書くことを通して追求している。

スペース

オカルトの美術

著:S. エリザベス

□ 判型:B5変

□ 総頁:240頁( 仮)
□ 製本:上製
□ 予価:3,000円+税
□ISBN978-4-86152-816-3 C0070

Amazonでご予約  

3月刊行予定

ファッション イン ジャパン1945-2020ー流行と社会

もんぺから Kawaiiまで、戦後の日本ファッション史をたどる

戦中戦後のもんぺ、国際的に華々しく活躍する日本人デザイナーの台頭、ゴスロリ……。日本が生み出してきた装いの文化は、その独自の展開で世界を驚かせてきた。豊かな表現を生み出すきっかけとなった明治期以降の社会状況や流行を発端に、戦後から現在に至るまで日本のファッションを包括的に紹介。衣服、写真、雑誌、映像など豊富な資料を通して、 流行の発信者と衣服をまとう私たち、その両者をつなぐメディア、それぞれの視点から各時代のファッションを紐解く。

 



関連展示

ファッション イン ジャパン 1945-2020ー流行と社会
島根県立石見美術館 2021年3月20日(金)~5月16日(日)
国立新美術館 2021年6月9日(水)~9月6日(月)

 

スペース

ファッション イン ジャパン

著:国立新美術館
  島根県立石見美術館

□ 判型:A4変

□ 総頁:216頁( 仮)
□ 製本:PUR製本
□ 予価:3,000円+税
□ISBN978-4-86152-781-4 C0070

Amazonでご予約  

4月刊行予定

ODYSSEY 魂の旅

巨大画に込められた一大叙事詩。
半世紀をこえる画業の道行き

画家を志して以来、この50数年間1日も筆を持たなかった日はないと語る、遠藤彰子(1947〜)。一貫して「人間」をテーマとし、現代の叙事詩ともいえる作品を描く。本書は、遠藤彰子の初期の「楽園シリーズ」、飛躍のきっかけとなった「街シリーズ」、そして500号(縦2.485m、横3.33m)を越える大作群を中心に、約80点を収録。これまでの広範な活動を紹介する。

◯初期作品から2020年の最新作まで、約80点を収録

 

 

遠藤彰子(えんどうあきこ)

1947年東京都生まれ。6 年武蔵野美術短期大学卒。86~87年文化庁芸術家在外派遣研修(インド)。芸術選奨文部科学大臣賞(07 年)のほか、安井賞(86年)、昭和会展林武賞(78年)などを受賞。紫綬褒章受章(14 年)。府中市美術館、茨城県つくば美術館、網走市立美術館、上野の森美術館等で個展を開催。二紀会理事、女流画家協会委員、武蔵野美術大学客員教授。



関連展示

遠藤彰子展/魂の旅ー巨大画に広がる 大叙事詩
2021年3月26日~5月5日 鹿児島市立美術館

 

スペース

遠藤彰子

著:遠藤彰子

□ 判型:A4横

□ 総頁:168 頁( 仮)
□ 製本:並製
□ 定価:3,200円+税
□ISBN978-4-86152-771-5 C0071

Amazonでご予約  

3月刊行予定

額縁の歴史

額縁狂の学者が書いた、額縁史の名著、リバイバル!

小さな「建築」のような中世祭壇画の額縁や、絵柄の一部が額縁にはみ出し、一体化した作品など、中世から20世紀に至る500点近い額縁を収録。
イギリス、フランス、イタリアなどの「国別」、「時代別」、「様式別」に分類し、それぞれの額縁が果たしてきた役割にも言及。
絵画と額縁の“密”な関係を探る、稀代の名著!


●クラウス・グリム氏による「新たな日本語版への序文-ヨーロッパの絵画とその額縁」を新規収録
●美術関係者からの根強い復刊の希望を受け、新装・復刻版を刊行

スペース

額縁の歴史

著者:クラウス・グリム

日本語版監修:千速敏男・木村三郎

翻訳:前堀信子

□ デザイナー:仲村健太郎

□ 判型:A4変
□ 総頁:216ページ(仮)
□ 製本:上製
□ 予価:12,000円+税
ISBN978-4-86152-826-2 C0070

Amazonでご予約

3月刊行予定

竹沢うるま写真集 Boundary(仮)

1021日間で世界103カ国を旅した写真家が辿り着いた、新境地

写真家 竹沢うるま、約5年ぶり、待望の新作。
竹沢はこれまで行く先々で国境という物理的なものにとどまらず、人種問題や宗教のあつれき、国境紛争など様々な「境界」を目の当たりにしてきました。本書ではアイスランドの風景写真と人々の営みを写した写真を対比し、「境界線」とは何かを問います。

 

竹沢うるま(たけざわ・うるま)
1977年生まれ。同志社大学法学部法律学科卒業。在学中、アメリカに一年滞在し、モノクロの現像所でアルバイトをしながら独学で写真を学ぶ。帰国後、ダイビング雑誌のスタッフフォトグラファーとして水中撮影を専門とし、2005年よりフリーランスとなり、写真家としての活動を本格的に開始。これまで訪れた国と地域は、140を越す。2010年~2012年にかけて、1021日103カ国を巡る旅を敢行し、写真集「Walkabout」と対になる旅行記「The Songlines」を発表。2014年には第3回日経ナショナルジオグラフィック写真賞受賞。2015年に開催されたニューヨークでの個展は多くのメディアに取り上げられ現地で評価されるなど、国内外で写真集や写真展を通じて作品発表をしている。

スペース

竹沢うるま

著者:竹沢うるま

□ デザイナー:近藤一弥

□ 判型:A4変
□ 総頁:160ページ(仮)
□ 製本:上製
□ 予価:6,000円+税
ISBN978-4-86152-831-6 C0072

Amazonでご予約

4月刊行予定

ニッポンの芸術のゆくえ なぜ、アートは分断を生むのか?

津田大介、平田オリザが、日本の「文化芸術」の問題と可能性を徹底討論

近年、文化芸術、アートをめぐって様々な問題が巻き起こっています。本書は、劇団「青年団」主宰し国内外で活躍する劇作家・平田オリザ氏、「あいちトリエンナーレ2019」で芸術監督を務めたジャーナリスト・津田大介氏による対談で構成しています。演劇界、ジャーナリズム界でリードする両氏が、「ニッポンの文化芸術」の問題点、可能性について存分に語ります。「表現の不自由展」で議論を呼んだ「あいトリ」は何が問題だったのか? コロナ危機で露わになった文化政策の脆弱性とは? 学術会議問題は「学問の自由」のみならず「表現の自由」にもつながる……。文化芸術を皮切りに、日本政治、トランプ現象、地方が生き残る戦略、withコロナ時代のあり方など、これからの日本が向かうべき道筋を問います。

 

津田大介(つだ・だいすけ)
1973年、東京都生まれ。ジャーナリスト、メディア・アクティビスト。ポリタス編集長。あいちトリエンナーレ2019芸術監督。

平田オリザ(ひらた・おりざ)
1962年、東京都生まれ。劇作家、演出家。劇団「青年団」主宰。

スペース

ニッポンの芸術のゆくえ

著者:津田大介、平田オリザ

デザイナー:ソウルデザイン

□ 判型:B6
□ 総頁:176ページ(仮)
□ 製本:並製
□定価:2,000円+税
ISBN978-4-86152-834-7 C0036

Amazonでご予約

4月刊行予定

北斎さんぽ 江戸の名所を巡る

北斎の名作の数々を通して、「江戸・東京」の魅力を再発見!

日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎が描いた作品の土地や地域を訪ね歩く、東京の散歩ブック。

「富嶽三十六景」、「隅田川両岸景色図巻」「新板浮絵」を手がかりに、日本橋、浅草、神田、上野など、東京の各地を巡ります。地域の歴史や文化を振り返ったり、現代の新名所を散策したり。数々の作品を生み出した北斎の作品を見ながら、江戸・東京を描いた場所の“いま”を北斎になった気分で紹介します。また、「ジャポニズム」「構図の秘密」「北斎BLUE」など、押さえておきたい北斎の基礎知識も解説もあり、北斎の入門書としても楽しめます。「北斎」を通して、江戸・東京の魅力を再発見する旅に出かけましょう。

 

片山喜康

1950年、東京都浅草生まれ。現在、向島にて編集事務所を営むかたわら随筆・脚本・俳句などを執筆。著書に『花と俳句の東京散歩』(KKベストセラーズ)、監修に『浅草本』(枻出版)などがある。東武鉄道広報誌『マンスリーとーぶ』誌に「北斎美術観絵図散歩」「奥の細道を歩く」を連載。趣味は美術館・古書店・レコード店・寄席巡り。近年は明治以降の俳人、柴田宵曲、籾山梓月、増田龍雨などの句を読み漁っている。

スペース

北斎さんぽ

著者:片山喜康

デザイナー:佐々木麗奈

□ 判型:A5
□ 総頁:144ページ
□ 製本:並製
□ 定価:2,000円+税
ISBN978-4-86152-833-0 C0025

Amazonでご予約

2月刊行予定

[新装版]山本昌男 小さきもの、沈黙の中で

この世を超える美、混沌、静謐な気、逍遥、構築された光、超空間時間、浄ーー。

超絶的ゼラチンシルバープリントが表す詩情溢れる世界観により、欧米の美術界で高い評価を得る写真家、山本昌男の代表作94点を収録。
木の根、波のうねり、自然のもたらす美に目を研ぎ澄ませ、穏やかでありながら、容易には到達できない、永遠の存在、時空を超えた静止がそこには存在している。
本書は2015年に刊行された内容を一部改訂した新装版です。

 

山本昌男(やまもと・まさお)
1957年愛知県生まれ。
作品は、日本人ならではの精神性、美意識と高く評価され、ニューヨーク・タイムズほか、欧米のアート誌などのメディアにも多数掲載されている。
2014年、作家活動の集大成となる写真集『小さきもの、沈黙の中で』―Small Things in Silenceを(青幻舎/Editorial RM共同出版)国内で初めて上梓した。「手中一滴」のほか海外の出版社による写真集多数。

スペース

山本昌男

著者:山本昌男

□ 判型:A4変
□ 総頁:132ページ(仮)
□ 製本:上製本(クロス装)
□ 予価:8,000円+税
ISBN978-4-86152-822-4 C0072

Amazonでご予約

4月刊行予定

次のページ >

↑TOPへ戻る