新刊案内

21世紀 オカルト・エンターテインメント戦記
『緊急検証!THE MOVIE』公式読本

「緊急検証!」の映画化を受けて緊急出版された公式読本。
昭和のオカルトブームをリアルタイムで知る識者のインタビュー等でオカルトの現在地を分析した上で、「緊急検証!」が地上波では決して踏み込めない企画に挑み続け、21世紀のオカルトの荒野を切り拓いてきた歴史を紐解く。

オカルト・エンターテインメント入門の書。

 

関連映画

映画 緊急検証!THE MOVIE ネッシー vs ノストラダムスvsユリ・ゲラー

スペース

CIMARRON

監修:「緊急検証!」制作チーム

□ 判型:B6変
□ 総頁:192頁
□ 製本:並製
□ 定価:1500円+税
□ISBN978-4-86152-703-6 C0072

Amazonでご予約   

 □2019年2月刊行予定

CIMARRON
ブラック・アイデンティティ ー南北アメリカの仮装祭

「WILDER MANN」「YOKAI NO SHIMA」につづく、
シャルル・フレジェ3作目!

 

大陸を越えて生まれた文化的遺産。
アフリカにルーツを持つ、誇り高き子孫たちを捉えた写真集

 

16世紀から19世紀にかけて続いた環大西洋奴隷貿易。奴隷としてアフリカ大陸から南北アメリカへ連れてこられた人々は、自身の宗教や文化を讃え守り抜くため、さまざまな仮面や衣装、キャラクターを創りだし工夫をこらしてきた。
本書では、黒人逃亡奴隷“CIMARRON(シマロン)”をはじめとした、今も残る南北アメリカの貴重な文化へ、それぞれの祝祭を通して深く迫っていく。

 

 

シャルル・フレジェ
フランス・ルーアンを拠点とする写真家。世界中のさまざまなコミュニティに属する個性的な人々のポートレイトを撮影し続けている。

 

関連書籍

『WILDER MANN 欧州の獣人 ― 仮装する原始の名残』

『YOKAI NO SHIMA 日本の祝祭 ― 万物に宿る神々の仮装』

スペース

CIMARRON

著:シャルル・フレジェ

□ 判型:B5変型
□ 総頁:320頁
□ 製本:上製
□ 定価:3,800円+税
□ISBN978-4-86152-703-6 C0072

Amazonでご予約   

 □2019年3月刊行予定

非常階段東京 The Origin of Tokyo

都市論の泰斗、吉見俊哉氏絶賛!
―歴史の闇と、発光する都市のエロティシズム。
 21世紀における都市写真のあり方を示している―

 

路上でも上空でもない非常階段という場所からまなざす、東京の光と闇。
皇居や丸の内、大手町などの中心部や、東京東部の夜景に垣間見える、江戸との連続性とは?

―東京には中心に闇があり、その周囲が腐蝕していくように発光体が広がる。
闇とは皇居と墓地、死の空間であり、過去の空間である。周囲の光は、商業活動によって発せられるものである。
つまり東京の美しさとは、中心に巨大な死の空間を抱えて瀰漫する資本主義の風景の美しさなのだとも言える。(吉見氏寄稿より)

『非常階段東京 TOKYO TWILIGHT ZONE』から11年。
『夜光』、『東京|天空樹』に続く東京シリーズの集大成!

アートディレクション:町口覚

 

佐藤信太郎(さとう・しんたろう)
1969年、東京生まれ。共同通信社勤務を経て、2002年よりフリー。
著作に『非常階段東京』(08年・日本写真協会新人賞)、『東京|天空樹』(11年・林忠彦賞)、『夜光』(14年)の「都市三部作」がある。

 

 

 関連書籍

『東京|天空樹』

 

スペース

非常階段東京

著:佐藤信太郎

□ 判型:B4変
□ 総頁:78頁
□ 製本:並製
□ 定価:3,800円+税
□ISBN978-4-86152-722-7 C0071

Amazonでご予約   購入ページへ

  □2019年3月刊行予定

ROCCO 夢をこえたネコのお話

映画、演劇をこよなく愛する著者と愛猫ROCCOが、飼い主と飼い猫の関係を超えて産み出したファンタジー

 

20年にわたり演劇プロデューサーとして第一線で活躍していた著者が、突然パーキンソン病であることを医師に告げられたのは約30年前のこと。突如として暗闇の中に投げ出され、自分を見失っていた著者の前に、やってきた子猫が「ROCCO」(ロッコ)でした。

ある時、著者がROCCOに、 演劇プロデューサー時代に優れた資質を持った役者と出会った時に感じる独特の感覚を見出したことがきっかけで、ROCCOを役者に見立てた撮影が始まりました。著者と愛猫ROCCOが、飼い主と飼い猫の関係を超えたセッションによって産み出した写真の数々は写真集「Luv. ROCCO」として結実しました。

そして、著者の妄想の物語は止まることを知らず、「ROCCOは人間の言葉が分かる」という確信を元に、ROCCOを主役とした、旅立ち篇ともいえる小説である本作を書き下ろしました。

写真集となり、物語にもなる、変幻自在のROCCOワールドにようこそ!

 

星野正樹( ほしの・まさき)

演劇プロデューサーとして第一線で活躍。1990年、パーキンソン病の宣告を受ける。主なプロデュース作品は、「双頭の鷲」、「海神別荘」、「スウィート・チャリティー」など他多数。



 関連書籍

『Luv. ROCCO』

 

スペース

ROCCO 夢をこえたネコのお話

著:星野正樹

□ 判型:B6
□ 総頁:367頁
□ 製本:並製
□ 定価:2,000円+税
□ISBN978-4-86152-717-3 C0095

Amazonでご予約   購入ページへ

岡上淑子 フォトコラージュ
-沈黙の奇蹟-

「材料はノリとハサミ、それからあなたの指先だけ」

 

70年の歳月を経た今日もなお新鮮な魅力を放ち、国内外で再評価の高まる岡上淑子。本書は、1950年代のわずか7年間に制作された代表作約100点を、待望の大判サイズ(A4)で収録。
「懺悔室の展望」「翻弄するミューズたち」「私達は、自由よ」をキーワードに作品を分類し、瀧口修造からの書簡、岡上の詩作などの資料も掲載しながら、シュルレアリストとの交流、文学との親和性など、岡上芸術の謎に迫る画期的作品集。
都内初の大回顧展となる東京都庭園美術館での展覧会の公式カタログ。

 

監修・執筆:神保京子(東京都庭園美術館学芸員)

 

 

岡上淑子(おかのうえ・としこ)
1928年高知県生まれ。文化学院デザイン科卒業。戦後連合国軍が残した、LIFE等のグラフ雑誌、VOGUEのようなファッション誌等の印刷物を素材にした独自のフォトコラージュ作品により、シュルレアリストの瀧口修造に見出され、1950年代のアートシーンに彗星のごとく登場。7年間の活動期間ののち、結婚を機に制作から離れる。2000年以降再評価の動きがが国内外で高まる。2002年には日本にさきがけてアメリカのNazraeli Pressより作品集が刊行。2018年に高知県立美術館で回顧展を開催。

 

<展覧会情報>
東京都庭園美術館 2019年1月26日~4月7日

スペース

岡上淑子 フォトコラージュ

著:岡上淑子

□ 判型:A4変型
□ 総頁:200頁
□ 製本:並製
□ 定価:3,000円+税
□ISBN978-4-86152-714-2 C0072

Amazonでご予約   

 □2019年1月刊行予定

パラパラ名画 Munch / ムンク The Scream 叫び
もうひとつの研究所

シリーズ累計90万部突破!!
もうひとつの研究所が贈る、パラパラ名画第二弾!


パラパラブックスシリーズで業界を賑わす“もうひとつの研究所”が、またまた西洋絵画の巨匠とタッグを組んだ!?
エドヴァルド・ムンクの代表作「叫び」をモチーフに、ちょっとおかしな解釈を加えた、オリジナルフリップブック。
アニメのように動き出す不思議な物語の結末は…?

 

 

もうひとつの研究所( もうひとつのけんきゅうじょ)

“もうひとつの研究所”はサンタクロース(代表取締役)率いるプレゼント研究所の一つです。サンタクロースの合格をもらえない、ちょっとおかしなプレゼントばかり作っている不思議な研究所。鳥の背中に生えている塔で、今日もこそこそ自分たちなりの愉快なプレゼントを作っています。

 

 

好評既刊

パラパラブックシリーズ

スペース

パラパラ名画ムンク叫び

著者:もうひとつの研究所
□ 判型:40mm×100mm(パラパラ)
□ 総頁:208頁
□ 製本:並製
□ 定価:1,200円+税
□ISBN978-4-86152-715-9 C0076

山口晃 親鸞 全挿画集

圧倒的筆力とユーモアを武器に《挿画》に新風を吹き込んだ
チャレンジの集大成! 

 

本書は、全国の約40社の地方紙に連載される快挙をなした、五木寛之著「親鸞」(2008、2011、2013年)の挿画全1052点に、山口晃がすべてに書き下ろし「絵解きコメント」をつけ、初公開の下描き、描き損じ、差し替え図版とともに収録したものです。挿画は、カット、漫画、版画調から、新キャラ、駄洒落ネタなど、山口ワールド炸裂です。

 

 

 山口晃(やまぐち・あきら)
1969年東京都生まれ、群馬県桐生市に育つ。
1994年東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。
1996年東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了。

 

関連書籍

『山口晃 大画面作品集』

『山口晃 前に下がる 下を仰ぐ』

スペース

山口晃 親鸞 全挿画集

著:山口晃

□ 判型:B5変型
□ 総頁:696頁
□ 製本:並製
□ 予価:5,500円+税
□ISBN978-4-86152-479-0 C0071

Amazonでご予約   

 □2018年2月刊行予定

北斎の肉筆 HOKUSAI’s Brush
-スミソニアン協会フリーア美術館コレクション

画狂老人の執念は肉筆画にあり! 
100年の眠りから目を覚ます“門外不出の世界最大の肉筆コレクション”
世界初、待望の書籍化! ! 

 

近年、90歳で亡くなるまで「神の領域」に至らんと北斎が挑んだ「肉筆画」への注目が高まっています。本書は、北斎の肉筆コレクションとして世界最大の質と量を誇りながら「門外不出」という鉄の掟のもと、日本でも知られることのなかった幻のコレクションをフリーア美術館の全面的協力により世界で初めて書籍化を実現したものです。コレクションから「肉筆」と「素描」の名品約100点を厳選。自己表現の探求として、実験的筆跡と表現、対象への試みを、部分図説を駆使した構成により北斎の筆の秘密を堪能できる画期的一書です。

 

彫り師も再現不可能なほどの緻密な線描による未完の《百人一首姥がゑとき》浮世絵版下絵60余点収録。


特別寄稿 : 浅野秀剛

 

スミソニアン協会フリーア美術館
米ワシントンD.C.にある世界に知られるスミソニアン協会が運営する美術館。実業家のフリーア氏のアジア関連のコレクションが収蔵されている。
なかでも日本美術に心酔し情熱を注いだ眉目のコレクションが葛飾北斎の200余点の肉筆群は世界最大の質・量を誇る。
寄贈条件の「作品を館外に持ち出してはならない」という掟は設立から100年の今日まで一度も破られることはなく“幻のコレクション”と呼ばれている。

スペース

北斎の肉筆 HOKUSAI's Brush

著:スミソニアン協会フリーア美術館

□ 判型:A4変型
□ 総頁:144頁
□ 製本:並製
□ 定価:2,600円+税
□ISBN978-4-86152-709-8 C0070

Amazonでご予約  購入ページへ

20世紀初頭のロマンティック・ファッション
—ベル・エポックからアール・ヌーヴォー、アール・デコまでの流行文化史

著者がコレクションしてきた1910年代から20年代の高級モード誌、『ラ・ガゼット・デュ・ボン・トン』、『ラ・ギルランド』、『ジュルナル・デ・ダーム・エ・デ・モード』の挿絵とファッション・プレートをさまざまなテーマに分類して、ファッションと文化を読み解く。

アール・ヌーヴォー期からアール・デコの1920年代まで、当時のポショワール刷りのイラストを一次資料として色彩豊かに再現し、浜辺、喫煙、スポーツ、散歩、黄昏……といった日常の風景からインテリアにいたるまで、20世紀初頭の流行ファッションとその背景をひもといた過去に類例のないグラフィカルな文化史。

 

長澤 均(ながさわ ひとし)

グラフィック・デザイナー/ファッション史家

 

スペース

20世紀初頭のロマンティック・ファッション ベルエポックからアール・ヌーボー、アール・デコまでの流行文化史

著:長澤均
□ 判型:B5変(230×182mm)
□ 総頁:240頁
(カラー224頁、モノクロ16頁)
□ 製本:並製
□ 定価:3,200円+税
□ISBN978-4-86152-708-1 C0071

 Amazonでご予約  購入ページへ

吉田亮人写真集 The Absence of Two

祖母と従兄弟、二人が生きた時間を写真で紡ぐ

 

写真家・吉田亮人は、宮崎県の田舎町に二人で暮らす祖母と従兄弟の日常を撮りつづけてきた。互いを支え合いながら流れてゆく、ささやかながらもかけがえのない時間は、ある日突然、思いもかけない形で結末を迎える。本作はKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017のメインプログラムのひとつとして展示され、多くの来場者の心を打った。111冊限定で刊行された私家版写真集を元に、新たに編みなおした待望の一冊。

 

吉田亮人(よしだ・あきひと)
1980年宮崎県生まれ。京都市在住。小学校教員を経て2010年よりフリーの写真家として活動。日経ナショナルジオグラフィック写真賞ピープル部門最優秀賞(2016)など、受賞多数。

 

スペース

吉田亮人写真集 The Absence of Two

著:吉田亮人

□ 判型:B5変
□ 総頁:140頁
□ 製本:コデックス装
□ 定価:3,800円+税
□ISBN978-4-86152-719-7 C0072

Amazonでご予約   

 □2018年1月刊行予定

次のページ >

↑TOPへ戻る