新刊案内

APPEARANCE

世代や性別、人種の違う人々が、同じように「歌っている」姿を捉えたポートレート・シリーズ。

「APPEARANCE」は、歌う人のポートレート・シリーズである。

被写体のほとんどは、著者が現在暮らすカリフォルニアのサンフランシスコやオークランド周辺で出会った人々だ。日常生活の中で知り合い、撮影を依頼し、被写体の自宅や指定された場所で、彼らが歌いたい歌を歌い、世界と共鳴する瞬間を写真に留めている。

 

 

兼子裕代(かねこ・ひろよ)
1963年青森県青森市生まれ。1987年明治学院大学フランス文学科卒業。2005年サンフランシスコ・アート・インスティチュート大学院写真科卒業。現在カリフォルニア州オークランド在住。

 

 

スペース

APPEARANCE

著:兼子裕代

□ 判型:280 ㎜ × 270 ㎜

□ 総頁:144頁
□ 製本:上製
□ 定価:6,000円+税
□ISBN978-4-86152-774-6 C0072

Amazonでご予約  

 □2020年2月刊行予定

ジェイムズ・リー・バイヤーズ 刹那の美

死後20年以上を経た今もなお、美の異端者として語られるアーティスト

 

ジェイムズ・リー・バイヤーズ(1932–1997)は、ミニマルでコンセプチュアルな作風を貫いたデトロイト生まれのパフォーミング・アーティストである。彼の芸術は禅や仏教思想、神道、能、茶道、書など、多岐にわたる日本文化から大きな影響を受けており、相国寺や大徳寺などの京都の禅寺でパフォーマンスをするなど、日本とアメリカを行き来しながら、精力的に活動をしていた。知られざる特異な作家の全貌を、初めて解き明かす。

坂上しのぶ 

美術史家。第二次大戦前後の京都における前衛美術運動の歴史調査を専門とする。「彦坂尚嘉 1972年 京都における3つのイベント」「四耕会 1947年—1956年頃 前衛陶芸発生のころ」「80年代考」等、京都の前衛事情に関する論文や書籍を発表。2009年よりヤマザキマザック美術館開設準備室学芸員。2010年よりヤマザキマザック美術館学芸員。現在に至る。

 

 

スペース

ジェイムズ・リー・バイヤーズ

著:坂上しのぶ

□ 判型:A5

□ 総頁:208頁
□ 製本:上製
□ 定価:3,800円+税
□ISBN978-4-86152-768-5 C0070

Amazonでご予約  

 □2020年1月刊行予定

ウィリアム・モリスのフラワー・パターン
ヴィクトリア& アルバート博物館コレクションを中心に

数々のモリスのデザインの中から、
主に花をモチーフとしたパターンを約80点収録!

 

イギリスのヴィクトリア& アルバート博物館監修のもと、フラワー・パターンを中心に、モリスデザインの起源を辿る。ヒナギクやポピーなど、イギリスの自然の花々からインスピレーションを受けたパターンから、絨毯や刺繍、ビロードなどから学んだ中東デザインを取り入れたパターンまで、モリスの発想の足跡を華やかな図版とともに探ってゆく。そのほか、パターンだけでなく、モリスデザインのタペストリーの中で最高傑作と言われる作品「森」なども掲載。

ローワン・ベイン

ウィリアム・モリス・ギャラリーの上級キュレーター。以前はヴィクトリア&アルバート博物館のアシスタント・キュレーターでもり、『May Morris: Arts & CraftsDesigner』の共著者で、モリスとそのコレクションに関して多くの記事を執筆。その他の著書に『Be Magnificent: Walthamstow School of Art1957 – 1967』など。V&Aの特別展「Shoes:Pleasure & Pain」にも協力。

 

 

スペース

ウィリアム・モリス

著:ローワン・ベイン

□ 判型:B5変型

□ 総頁:144頁
□ 製本:上製
□ 定価:2,200円+税
□ISBN978-4-86152-759-3 C0072

Amazonでご予約  

 □2020年3月刊行予定

新装改訂版 万葉の花 (仮)

万葉集に詠まれた花百選。
新装改訂版として待望の刊行。

万葉びとが花に心を託した思いを、歌を通じて触れてみる。
本書は万葉集のなかから約120種を取り上げ、登場する植物と歌について解説したものです。
大和の自然に咲く花や景色を美しい写真と文章で掲載しています。
令和の出典となった歌を含め、新たに万葉集を追加。
新装改訂版として待望の刊行。

 

片岡寧豊 (かたおか・ねいほう)
万葉の花研究家、万葉花寧豊会主宰。華道家、小原流一級家元教授。
著書に『やまと花萬葉』(東方出版)『野の花を生ける』(保育社)

スペース

万葉の花

著者:片岡寧豊

寄稿:佐伯快勝(浄瑠璃寺住職)

□ 判型:A5
□ 総頁:176頁
□ 製本:並製
□ 日英併記
□ 予価:1,800円+税
□ISBN978-4-86152-769-2 C0072

Amazonでご予約

  2020年2月刊行予定

剣舞入門  “サムライ”の美に迫る (仮)

国内百以上の流派を持つ伝統芸能“剣舞”、初めての入門書!

 

TripAdvisor「外国人に人気の日本の観光スポットランキング」で
3年連続トップ10にランクインした京都の「サムライ剣舞シアター」。
代表であり、女流剣舞師範の鉤逢賀氏による初の著書。
鑑賞のための基礎知識から、技術解説、さらには全国の師範へのインタビューまで、幅広い角度から“剣舞”の魅力をイラストや図解をまじえて分かりやすく解説!

スペース

剣舞入門

著者:鉤 逢賀

デザイン:北尾崇

□ 判型:A5
□ 総頁:192頁(仮)
□ 製本:並製
□ 日英併記
□ 予価:1,800円+税
□978-4-86152-770-8 C0070

Amazonでご予約

  2020年2月刊行予定

《日本語版》FUTURO RETRO
マーリア・シュヴァルボヴァー写真集

各国で賞賛を浴びたデビュー作「Swimming Pool」から約3年。

マーリア・シュヴァルボヴァー 2作目の写真集、日本語版刊行!!

 

サイエンス・フィクションの要素を備えた、どこかノスタルジックな未来を思い起こさせる新作『FUTURO RETRO』。第1作目写真集「Swimming Pool」の大成功に続く、待望の10シリーズの作品を収録。

 

『FUTURO RETRO』by Maria Svarbova(NHP Publishing)
完全日本語版

 

マーリア・シュヴァルボヴァー(Maria Svarbova)

1988年生まれ、スロヴァキア出身。社会主義時代の名残が感じられる東ヨーロッパの建造物やパブリックスペースなどにインスピレーションを受け、神秘的な色彩をもった独創的な作品を生み出す。これまで欧州やアジアなど各国で開催された個展やグループ展は、世界規模で賞賛を浴びた。各メディアからも注目され続けている、気鋭の若手フォトグラファー。

 

 

関連書籍

Swimming Pool』

スペース

FUTURE RETRO

著:マーリア・シュヴァルボヴァー

□ 判型:230 x 300 mm

□ 総頁:256 頁
□ 製本:上製
□ 定価:7,800円+税
□ISBN978-4-86152-762-3 C0072

Amazonでご予約  

 □2020年2月刊行予定

新装版 四季の花(下巻)

新装版完成!酒井抱一が描いた四季草花図、全528種(上下巻合計) 

 

「琳派の最後を飾る、抱一、其一、およびその後継者其明の残した、
草木画帳というべきもので、 大体四季の順序に配列されている。」
(「作品解説」より)。
宗達、光琳に続く琳派を代表する酒井抱一は、草花図を得意とし、
叙情性をたたえた繊細な筆致は江戸時代後期の装飾画風を形成した。

明治期の精巧な木版刷原本の色彩を忠実に再現し、
春の花129種、夏の花181種、秋の花163種、
冬の花55種を上下巻にわたり掲載した「四季の花」(2006年 青幻舎刊)が、
コンパクトサイズ新装版として再登場。


原画:酒井抱一、鈴木其一、中野其明
寄稿:今橋理子(学習院女子大学教授)
図版解説:故塚本洋太郎(前京都大学教授・農学博士)

スペース

One last hug

著者:酒井抱一 鈴木其一  中野其明

□ 判型:B6
□ 総頁:292頁
□ 製本:並製
□ 定価:2,300円+税
□ISBN978-4-86152-767-8 C0071

Amazonでご予約

  2020年2月刊行予定

新装版 四季の花(上巻)

新装版完成!酒井抱一が描いた四季草花図、全528種(上下巻合計) 

 

「琳派の最後を飾る、抱一、其一、およびその後継者其明の残した、
草木画帳というべきもので、 大体四季の順序に配列されている。」
(「作品解説」より)。
宗達、光琳に続く琳派を代表する酒井抱一は、草花図を得意とし、
叙情性をたたえた繊細な筆致は江戸時代後期の装飾画風を形成した。

明治期の精巧な木版刷原本の色彩を忠実に再現し、
春の花129種、夏の花181種、秋の花163種、
冬の花55種を上下巻にわたり掲載した「四季の花」(2006年 青幻舎刊)が、
コンパクトサイズ新装版として再登場。


原画:酒井抱一、鈴木其一、中野其明
寄稿:今橋理子(学習院女子大学教授)
図版解説:故塚本洋太郎(前京都大学教授・農学博士)

スペース

One last hug

著者:酒井抱一 鈴木其一  中野其明

□ 判型:B6
□ 総頁:292頁
□ 製本:並製
□ 定価:2,300円+税
□ISBN978-4-86152-766-1 C0071

Amazonでご予約

  2020年2月刊行予定

ミナ ペルホネン / 皆川明 つづく

はじまり おわり すすみ もどる

心(こころ)と象(かたち)のつくるとつづく



皆川明が設立したブランド「ミナ ペルホネン」は、2020年に25周年を迎えます。「特別な日常服」をコンセプトとし、日本各地の生地産地と深い関係性を紡ぎながら、独自のものづくりを続けてきました。

つながる・連なる・循環など、生成のエネルギーを想起させる言葉、「つづく」をキーワードに、テキスタイルや衣服をはじめ、原画や挿絵、工場やアトリエなどものづくりの現場、皆川明自身の言葉など、その創作をたっぷりと収録しました。ミナ ペルホネンの25年の歩みを綴じ込めた、特別な一冊です。



・対談 中村好文×皆川 明 ものを作るための思考が喜びから生まれていたい

・対談 田根 剛×皆川 明 「つづく」冒険を伝える空間

・ミナ ペルホネン / 皆川明へ 出会いと今への問い

 「ミナ ペルホネン / 皆川明」をめぐる「つづく」

  森 千花(東京都現代美術館学芸員)

 

関連展示

2019年11月16日—2020年2月16日

東京都現代美術館

スペース

One last hug

著者:ミナ ペルホネン

デザイン:葛西 薫

ポートレート撮影:上田義彦

展覧会会場撮影:瀧本幹也

グラビア撮影:在本彌生、ほか

□ 判型:B5変型
□ 総頁:274頁
□ 製本:上製
□ 定価:3,700円+税
□ISBN978-4-86152-764-7 C0070

Amazonでご予約

  2020年1月刊行予定

中国手仕事紀行 雲南・貴州

少数民族たちの“生きた”民具を求めて、
中国の奥地を彷徨い歩いた10年間。

国内外の手しごとを中心とした生活雑貨を扱う人気ウェブショップ「みんげい おくむら」の店主 奥村忍が、日本ではほとんど情報のない中国奥地の雲南省・貴州省を訪れ、旅のルポとともに現地の手しごとを紹介する。中国の民藝図鑑であり、ガイドブックにもなる一冊。

奥村 忍(おくむら・しのぶ)

みんげい おくむら(株式会社奥村商店)代表取締役。1980年千葉県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、放浪。のち商社で輸入業務(アジア・中東・アフリカ全域を担当)、メーカーで営業・小売店統括を経て独立。WEBショップ『みんげい おくむら』を2010 年オープン。国内外から手仕事による生活道具(いわゆる民藝)を提案している。


在本彌生(ありもと・やよい) 東京生まれ。大学卒業後、外資系航空会社の乗務員として勤務。各国を移動する中、乗客に勧められ写真を撮り始める。2006年よりフリーランスフォトグラファーとしての活動を開始。現在は雑誌、書籍、広告、展覧会などで写真、映像作品を発表している。近著に写真集「わたしの獣たち」(青幻舎)、「熊を彫る人」(小学館)がある。

 

関連書籍
『わたしの獣たち』

スペース

One last hug

著者:奥村忍

写真:在本彌生

編集:石田エリ

□ 判型:A5変型
□ 総頁:240頁(仮)
□ 製本:並製
□ 予価:2,500円+税
□ISBN978-4-86152-765-4 C0026

Amazonでご予約

  2020年1月刊行予定

次のページ >

↑TOPへ戻る