イベント

展覧会「画家の詩、詩人の絵-絵は詩のごとく、詩は絵のごとく」

  古来、西洋では「絵は黙せる詩、詩は語る絵」といわれてきました。日本でも画賛(がさん)、詞書(ことばがき)が絵画の重要な役割を果たし、「詩書画」の一致を成してきました。一方、日本の近代洋画は、文学からの自立を目指した西洋近代美術の影響のもとで始まっています。(中略)ある意味では、モダニズムが斥けてきた詩情、文学性を活かすことで、日本独自の絵画が成立したといえます。
  近年では、一部の画家たちが積極的に詩の世界に接近し、新しい表現を生み出そうとしています。本展は、明治から現代までの画家と詩人の絵画と詩を一堂にあつめ、絵画と詩の密接なつながりを検証するものです。 (平塚市美術館HPより引用)

会期:2015年9月19日(土)~11月08日(日)
会場:平塚市美術館 (神奈川)
開館時間:9:30 ~ 17:00(入場は16:30 まで) 
休館日:月曜日( ただし9/21、10/12は開館)、10/13
詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/20152005

巡回展
碧南市藤井達吉現代美術館(愛知) 2015年11月17日~12月20日
姫路市立美術館(兵庫) 2016年2月13日~3月27日
足利市立美術館(栃木) 2016年4月9日~6月12日
北海道立函館美術館 2016年6月18日~8月7日

関連書籍
画家の詩、詩人の絵
http://www.seigensha.com/newbook/2015/08/18093410

2015.
09.19

 |

11.08

画家の詩、詩人の絵

↑TOPへ戻る