新刊案内

『十和田、奥入瀬 水と土地をめぐる旅』

管啓次郎を編者として、気鋭の作家・石田千、小野正嗣、小林エリカが芸術祭の地・青森県十和田市を巡り、書き下ろした小説を収める。宮永愛子ら芸術祭参加作家のインタビューも収録。
写真家・畠山直哉が撮りおろした奥入瀬の景象を掲載する。

エディトリアルディレクション:影山裕樹
ブックデザイン:加藤賢策(LABORATORIES)

プロフィール
管啓次郎(すが・けいじろう)
1958年生まれ。詩人、比較文学者、明治大学教授。主な著書に『コロンブスの犬』(河出文庫)、『斜線の旅』(インスクリプト)『海に降る雨』(左右社)など。サン・テグジュペリ『星の王子さま』(角川文庫)など翻訳書も多数。2011年、野崎歓とともに『ろうそくの炎がささやく言葉』(勁草書房)を編集。

芸術祭情報
『十和田奥入瀬芸術祭「SURVIVE」—この惑星(ほし)の、時間旅行へ』
会期:2013年9月21日(土)〜11月24日(日)

十和田奥入瀬芸術祭公式コンセプトブック

□ 判型:四六判
□ 総頁:224頁
□ 定価:1,890円(本体1,800円+税)
□ 並製
□ ISBN 978-4-86152-407-3 C0070

↑TOPへ戻る