新刊案内

歌川国芳 奇想天外 ―江戸の劇作家 国芳の世界

迫力のドクロ絵に、躍動感あふれる捕鯨の図……
江戸時代に活躍した浮世絵師・国芳の作画は、
ユーモアと斬新さに満ちています。
出世作“水滸伝”シリーズを含む「武者絵のはじまり・豪傑・合戦の図」、動物を擬人化した「戯画」、庶民の光景を描いた「江戸名所と地方名所」など、国芳作品の集大成を網羅。
2014~15年開催の同名展覧会の公式図録兼書籍を刊行します。

監修
中右瑛(国際浮世絵学会常任理事)
悳俊彦(国際浮世絵学会常任理事、日本大学芸術学部講師)
稲垣進一(洋画家、国際浮世絵学会会員)

展覧会情報
「歌川国芳 奇想天外―江戸の劇作家 国芳の世界」

2014年3月28日(金)~5月6日(火) 
会場:鹿児島市立美術館 ※ほか、各地へ巡回予定

歌川国芳 奇想天外―江戸の劇作家 国芳の世界(仮)

□ 判型:A4判
□ 総頁:232頁
□ 定価:本体2,300円+税
□ 並製
□ ISBN 978-4-86152-436-3 C0071

↑TOPへ戻る