新刊案内

乙女のふろく ―明治・大正・昭和の少女雑誌―

心のビタミンである抒情性とロマンチシズムの"美"がこの書には満ち溢れています。―美輪明宏

明治・大正・昭和の時代に少女のためのファッション、音楽や文学など教養を楽しむ総合雑誌『少女雑誌』が存在した。 その中でも最も注目すべきはファンシーグッズの先駆けともいうべき「少女雑誌の付録」。 名作小説や物語の豆本、スタイルブック、絵はがき・レターセット、双六、お人形帖又は手芸帖など、著名な挿絵画家の手によって制作された珠玉の付録たち約300点を作家別にビジュアルで一挙紹介。

掲載作家
竹久夢二、中原淳一、松本かつぢ、蕗谷虹児、高畠華宵、藤井千秋、鈴木悦郎ほか

熊本・菊陽町図書館 少女雑誌村崎コレクション
明治から昭和までの少女雑誌、その付録、折込口絵、単行本化された連載小説 書き下ろし 少女小説の総合コレクション。
村崎コレクションを2016年度ユネスコ「世界記憶遺産国内公募」に申請。
平成27年(2015)6月24日文部科学省が16件の応募を公表。

著者:村崎修三
□ 判型:文庫判
□ 総頁:320頁
□ 並製
□ 定価:本体1,500円+税
□ ISBN978-4-86152-504-9 C2072

Amazonでご予約  購入ページへ

↑TOPへ戻る