新刊案内

SACRIFICE 片桐功敦 ―未来に捧ぐ、再生のいけばな

東京電力福島第一原発20km圏内。
野に咲く花が、命をつなぐ。 

2013年から福島に移り住み、原発周辺の町で花を生けて歩いた若き華道家の魂の記録。津波で流された荒れ地を背景に生け花を収めたものなど、全52点の写真を掲載。凛と咲きほこる花々が、被災地の厳しい現実とともに、再生への願いを伝える。縄文土器を花器に見立てた作品も収録。
特別寄稿 赤坂憲雄・管啓次郎

片桐功敦(かたぎり・あつのぶ)
1973年堺市生まれ。花道みささぎ流の家系に育つ。24歳の若さで家元を襲名。2005年、教室とコラボレート・スペースを兼ねた主水書房を開設。異分野とのコラボも多数行う。

SACRIFICE 片桐功敦

□ 判型:A4
□ 総頁:112頁
□ 並製
□ 定価:3,000円+税
□ ISBN 978-4-86152-522-3 C0072

Amazonでご予約  購入ページへ

↑TOPへ戻る