新刊案内

文学とワイン

文学とワインの幸せな時間 気鋭の作家と語る銀座での十夜

 

イメージをふくらませること、余韻を楽しむこと……共通点の多い文学とワインを気鋭の作家10名と語らう。

銀座エノテカ・ミレでの「本の音夜話」は、毎回一人の作家を迎えて少人数の参加者で囲み、ワインとともにトークを楽しむ知る人ぞ知るイベント。本書はその書籍化で、十名の作家との親密で幸福な時間がつまった一冊。

 

登場作家

西川美和、田中慎弥、柴崎友香、平野啓一郎、堀江敏幸、

島本理生、穂村弘、原田マハ、小林エリカ、角田光代

(順不同・敬称略)


●各作家のおすすめブックガイド付き

●各作家をイメージした厳選ワインガイド付き

●冬のワインギフトのヒントも満載

 

 

山内 宏泰(やまうち ひろやす)

ライター。美術、写真、文芸その他について執筆。

著書に『写真のフクシュウ 荒木経惟の言葉』(パイインターナショナル)『写真のフクシュウ 森山大道の言葉』(パイインターナショナル)『上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史』(星海社新書)『写真のプロフェッショナル』(パイ インターナショナル)『G12 トーキョートップギャラリー』(東京地図出版)『彼女たち』(ぺりかん社)など。

 

 

文学とワインⅠ

著者:山内 宏泰
□ 判型:A5
□ 総頁:200頁
□ 並製
□ 定価:1,800円+税
□ ISBN:978-4-86152-599-5 C0095

Amazonでご予約  購入ページへ

 

↑TOPへ戻る