新刊案内

Something Strange This Way

現代アートシーンを牽引するアーティスト、初の日本語版登場! 
時間と空間のなかに出現する「音の彫刻」

 

初の大規模インスタレーション展が行われたARoSオーフス美術館(2014年デンマーク)の展覧会カタログをもとに、金沢21世紀美術館での展覧会で初公開となる作品を一部収録し、再構成した完全日本語版です。作品や制作風景や生活の様子をとらえた写真多数ほか、アーティスト本人のコメントやキュレーターの論考、さらには作品に関連したキーワードを辞典形式で収録し、彼らの独自の世界観を紹介します。


ジャネット・カーディフ
1957年オンタリオ州ブリュッセル(カナダ)生まれ

ジョージ・ビュレス・ミラー
1960年アルバータ州ヴェグレヴィル(カナダ)生まれ

1995年頃から共同制作を始め、現在はブリティッシュコロンビア州グリンドロッド(カナダ)とベルリンを拠点に活動。第49回ヴェネツィア・ビエンナーレにカナダ館代表として参加し、特別賞及びベネッセ賞を受賞(2001年)したほか、ドクメンタ13(2012年)、瀬戸内国際芸術祭(2010年)、あいちトリエンナーレ(2013)など国際展に多数参加している。

 

関連展示

カーディフ&ミラー展
会期:2017年11月25日(土)-2018年3月11日(日) / 金沢21世紀美術館

 

Something Strange This Way

著者:ジャネット・カーディフ
   ジョージ・ビュレス・ミラー
□ 判型:A5変形判
□ 総頁:200頁
□ 製本:上製糸かがり
□ 予価:2,500円+税
□ISBN 978-4-86152-650-3 C0072

Amazonでご予約 

□2017年11月下旬刊行予定

↑TOPへ戻る