新刊案内

花政のしごと

京都を歩けば〝花政〞に出会う。

160年、都を彩り続ける花屋の12ヶ月。

 

古都の花屋「花政」は、文久元(1861)年に河原町三条で創業。以来、今日も、旅館や料亭、菓子処、寺や茶室など、それぞれの場にふさわしい花を、あちこちに選び届けて街を彩る。厳しい眼を持つ都人の求めに応え続けて、京の花文化を陰で支えてきた。そんな頼れる花職人のしごとを季節の移ろいとともに切り取る。

 

関連書籍

『京都日常花』
『京都日常花 Vol.2』

花政のしごと

□ 判型:A5
□ 総頁:168頁
□ 並製
□ 定価:本体2,500円+税
□ ISBN978-4-86152-675-6 C0072

Amazonでご予約  購入ページへ

↑TOPへ戻る