新刊案内

アフリカンプリント
京都で生まれた布物語

カラフルで鮮やかなアフリカのテキスタイルが、かつて京都でつくられていた! 

 

最近日本でも密かにブームが到来している「アフリカンプリント」。さまざまな柄があり、今日でもアフリカではお祝いの席から普段着にまで、広く愛用されています。実はこの異色の布たちは、1960〜70年代を中心に、京都でつくられ現地へ輸出されていたのです。

ことのはじまりは、京都の大手染工会社・大同マルタ染工の閉鎖時に確保された数個の段ボール。開いてみるとそこには、当時現地で収集された生地見本や大同マルタ染工が手がけた数々のアフリカンプリントが物語とともに保管されていました。現地の人にも愛された日本産「アフリカンプリント」は、どのようなものだったのでしょう? 色とりどりのテキスタイルとともに制作全盛期をご紹介!

 

並木 誠士(なみき せいし)
徳川美術館学芸員、京都大学助手を経て、現在、京都工芸繊維大学教授・同大学美術工芸資料館長。主な著書等に『近代京都の美術工芸-制作・流通・鑑賞-』(編著、思文閣出版、2019年)など。

上田 文(うえだ あや)
関西学院大学大学院卒。現在、関西学院大学非常勤講師、同志社女子大学非常勤講師。近年の研究に「京都からアフリカへ 大同マルタコレクションにみる1960年代京都の捺染産業 
報告書」(京都工芸繊維大学 文化遺産教育研究センター、2014年)がある。

青木 美保子(あおき みほこ)
京都工芸繊維大学大学院卒、博士(学術)取得。現在、京都女子大学教授。主な著書等に『京都 近代美術工芸のネットワーク』(並木誠士と共編著、思文閣出版、2017年)など。

アフリカンプリント

監修:京都工芸繊維大学美術工芸資料館

著:並木誠士

  上田文

  青木美保子 著

□ 判型:A5

□ 総頁:168頁

□ 製本:並製
□ 定価:2,500円+税
□ISBN978-4-86152-729-6 C0072

Amazonでご予約  楽天ブックスでご予約

↑TOPへ戻る