新刊案内

LESS ROSES バラ図譜

世界一美しいバラの絵を、原寸大で味わう

フランス宮廷に仕えた天才植物画家、ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ。ルイ16世王妃マリー・アントワネットから、そしてナポレオン皇妃ジョゼフィーヌから惜しみない支援を受け、生涯を通して花を描くことに情熱を注ぎました。

代表作「バラ図譜」は、ジョゼフィーヌが世界中からマルメゾン宮殿に収集したバラの姿を収めたもの。今は見ることのできないバラの古代品種や原種の数々が克明に描かれ、学術的価値の高さはさることながら、その芸術性の高さ、高貴な美しさは現実の花を超え、パリ中の女性を虜にしたといわれるほど。
今日でもなお、多くの人々の心を捉えて離しません。

本書では、高品質印刷によって「バラ図譜」を初版に忠実に、原寸大で復刻。きめ細かな色彩の濃淡が織り成す美を十分に堪能できる、豪華愛蔵版です。


発行: H&T International Co., Ltd (.日本語の紹介文付き)



ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ
1759年、現在のベルギー領で生まれる。画家の父に幼い頃から絵画を習い、1782年にパリへ移住。ルイ16世王妃マリー・アントワネットやナポレオン皇妃ジョゼフィーヌと出会い、激動の時代の中で宮廷画家として植物を描いた。繊細なタッチで描かれた植物は、学術的価値だけでなく芸術性の高さも評価され、「花のラファエロ」「バラのレンブラント」とも称された。

 

 

関連書籍

『宮廷画家ルドゥーテとバラの物語』

Les Roses バラ図譜

著:ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ

□ 判型:A3

□ 総頁:180頁(仮)
□ 製本:並製
□ 定価:12,000円+税
□ISBN 978-4-86152-760-9 C0071

Amazonでご予約  

 □2019年12月刊行予定

↑TOPへ戻る