新刊案内

舞妓モダン Maiko Beauty

多くの画家を魅了した妖しく美しい芸舞妓

京都を代表する文化の一つ、舞妓をクローズアップ。芸舞妓の誕生から舞妓が京都のシンボル的存在へと成長していく過程を、絵画作品を通して伝える京都文化博物館での展覧会『舞妓モダン』展の公式図録兼書籍。江戸から明治、大正、昭和、現代まで、舞妓文化の変遷を絵画作品や映画、歴史資料、記録写真などからひもとく。重要文化財の黒田清輝「舞妓」をはじめ、舞妓を妖艶に描いた岡本神草の「口紅」などの名画の数々と、結髪や衣装なども交えて多面的に紹介する。

主な掲載作家

黒田清輝、竹内栖鳳、堂本印象、岡本神草、村上華岳、

土田麦僊、林司馬、岸田劉生、竹久夢二、林武、

宇陀荻邨、伊東深水、小倉遊亀、下村良之介他



展覧会

京都府京都文化博物館

2020年10月6日(火)〜11月29日(日)

舞妓モダン

著者:京都府京都文化博物館

監修など:植田彩芳子(京都文化博物館)

デザイン:ym design(見増勇介)

□ 判型:B5変
□ 総頁:152頁(仮)
□ 製本: 並製
□ 予価:2,273円+税
ISBN978-4-86152-800-2 C0071

Amazonでご予約

  2020年10月刊行予定

↑TOPへ戻る