新刊案内

日本のたてもの
自然素材を活かす伝統の技と知恵

超絶技巧で伝わる日本建築の美しさ。
自然と造形美による「建築模型」の世界へようこそ−−

日本の伝統建築は、これまで木材・土・石など多様な自然素材を優れた造形物へ昇華してきました。それらは実際の建築物のみならず、「建築模型」として、国の貴重な文化財として長い間大切に保管されてきました。
本書では、超絶技巧により緻密に表現されてきた「建築模型」に焦点をあて、連綿と後世へと伝承されてきた「高い美意識」と「加工技術」を総覧します。その内容は、自然素材を活かした日本の伝統建築の特徴を、飛鳥時代の法隆寺五重塔から、昭和の日本橋高島屋まで様式や手法もさまざまで多岐に渡ります。
また、建築模型だけでなく、2018年ユネスコ無形文化遺産へ提案された「伝統建築工匠の技:木造建築物を受け継ぐための伝統技術」に関する建築図面や大工道具なども併せて紹介。現在に危惧される、伝承者養成・技能練磨・原材料や用具の確保など、未来へ継承する取り組みについても、詳細の解説を試みます。

 

 

関連展示

企画展「日本のたてものー自然素材を活かす伝統の技と知恵」 ※3館同時開催
国立科学博物館:2020 年12月8日(火)~1 月11日(月・祝)
東京国立博物館表慶館:12月23日(日)〜2021年2月21日(日)
国立近現代建築資料館:2020年12月10日(金)〜2021年2月21日(日)

日本のたてもの

著者:東京国立博物館(表慶館)

デザイン:塚原敬史(trim design)

□ 判型:B5
□ 総頁:152ページ
□ 製本:並製
□ 定価:2,800円+税
ISBN978-4-86152-821-7 C0052

Amazonでご予約

 12月下旬刊行予定

↑TOPへ戻る